So-net無料ブログ作成
検索選択
まどマギの魔女やフィギュアを中心に、好きなことを楽しく書いています。MADOGATARI展の魔女情報まとめ中!
前の10件 | -

銀の魔女の唄 ローリング・タイヤ・ローリング [銀の魔女]

どうも!
魔女記事第198回目、銀の魔女の唄「ローリング・タイヤ・ローリング」です!

MADOGATARI展で公開されたギーゼラの唄はこんな感じでした!

パリラ パラペレ (*擬音)
「避けろ!」 ニンジン オイルがたぎる
「轢けよ!」 ルッコラ ホーンは吠える
どかないキャペツは 道連れだ

パレラ ペレパレ
パララ パリラレ (*擬音)
響く銀河はアスファルト
銀の回転 休みを知らぬ
模範とセロリは すりおろせ!

さすがギーゼラ!!暴走族っぽい、バイク関連の唄となっていますw
響く銀河はアスファルトってかっこよすぎだろ・・・!
ニンジン、ルッコラ、キャベツ、セロリなどの野菜関連の用語が使われているのが意外です。
なぜ野菜がこんなに出てくるのか、関連性を調査中である!!


MADOGATARI展にて公開されたギーゼラの新しい公式説明文はこんな感じでした!

銀の魔女。その性質は自由。
結界は高架道の上を高速で移動している。
巨大な体を持ち、その性格は魔女の中でも粗暴。
動くものは見つけると大きな手で叩き潰そうとしてくる。
まだ体が錆びついていなかった頃は二輪形態へ変形することができた。
フィギュアキングダム - コピー (273).jpg
高架道の上を高速で移動している結界。
周りの景色は高速で移動しているかのように、道路の白線が飛び交っています。
結界自体が自動車のような感じで、結界に侵入したら自動車に乗っているのと同じ状態、常に高速で移動中という感じでしょうか。風圧がかかりそうです。

巨大な体を持ち、その性格は魔女の中でも粗暴!
銀の魔女は魔法少女との身長差を比べると、薔薇園の魔女と同じくらい巨体ですね。
そして魔女の中でも粗暴と言われているところから、おそらくトップクラスにあらあらしい感じなのではないかと。
動くものを見つけると、とりあえず大きな手で叩き潰そうとする、というのが大分粗暴ですねw

まだ体が錆びついていなかった頃は二輪形態へ変形することができた。
フィギュアキングダム - コピー (268).jpg
↑一体どのぐらいの期間で錆びてしまったのか!
杏子に倒されるまで、結構長生きした魔女なのかも?


そしてオマケで、「魔法少女 ものがモドカ」という化物語とまどマギがコラボした映像が流れていたのですが。
神原駿河がギーゼラっぽい魔法少女になっていましたw

先駆の魔法少女・神原駿河
使用呪文・・・ランナーズ・ダイ、疾走の喪矢
願い事・・・誰よりも速く走りたい
呪装魔具・・・リッターバイク
バイクと一体化した魔法少女。普段自転車に乗れない彼女のコンプレックスの表れ。
誰かに抜かれたら魔女化してしまう。

これはもうギーゼラを連想するわwww
もしや、銀の魔女の魔法少女時代のヒントなのか!?


銀の魔女の参考動画はこちらをどうぞ!2年前に自分でPSPの画面を撮影したものです。
 ↑YouTubeのURL https://www.youtube.com/watch?v=sCObi7F3VJw
錆びる前の姿を確認できます!銀色に輝くバイク形態!かっこいい!


では今回はこれで!
MADOGATARI展で公開された銀の魔女の情報まとめでした!
でわまた~。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

劇場版 レモン・マジシャン・ガールのフィギュアを撮影! ガール達の特徴的なデザインに惚れる! [スケールフィギュア]

どうも!
劇場版の遊戯王に登場した「レモン・マジシャン・ガール」のスケールフィギュアを購入して、撮影してみたアーニマです!
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (443).jpg

発売月、価格・・・2016年10月発売 10000円
企画、制作、販売・・・壽屋

コトブキヤから「レモン・マジシャン・ガール」が発売されました!
今まで何度もイベント会場でレモンマジシャンガールのフィギュアを見て、そのボリュームに驚かされ魅力を感じていましたが。やっと手元に入り、その造形を間近でじっくりと観察できるようになりました!

個人的には一ヶ月前に発売された「アップル・マジシャン・ガール」よりも造形・ボリュームなど色々期待していまして、撮影するのがとても楽しみでした。
購入して、開封して、撮影してみた結果・・・100点満点上げちゃう!!
特に不満点無し!最高の出来だと思います!!
杖を持たせた場合、杖の赤色部分が羽に色写りしてしまうことがありますが個人的には気にしていないです!
もう俺ぐらい大量のフィギュアがあると、あんま目立たないちょっとした破損・色写りとかでショック受けて気にしていると・・・やっていけないですwフィギュアは顔に異常が無ければとりあえずはOKだ!!顔命!

レモン・マジシャン・ガールとは?
劇場版『遊 戯 王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』で初登場した、表遊戯のデッキに入っている新たなマジシャンガールモンスター!
パック収録ではなく、映画公開から3週目の劇場会場で配布されました。レモンマジシャンガールのために映画を観に行ったっけなあw
他のマジシャンガールと違って肌の色が若干異なります。遊戯王で言うと、マリクとかイシズとかのエジプト人系の肌の色をしています!
レモンをアピールしている名前ですが、実際は色だけでレモンというより星マークをアピールしている気がする!スター・マジシャン・ガールでもOKそうな感じがしますw

レモンマジシャンガールの箱
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (424).jpg
↑星☆マークから中身が見える、ポップな箱になっています。
アップルマジシャンガールはその名の通りリンゴ関連のものがありましたが、レモンマジシャンガールは星関連のもので可愛さを引き立てています。


レモンマジシャンガールはアップルマジシャンガール以上に特徴が良く出ている、とても魅力的な外見となっています。
そんなレモマジガールを撮影してレビューを書いてみたので、良かったら続きからどうぞ!
 

劇場版 レモン・マジシャン・ガールのフィギュアを撮影! ガール達の特徴的なデザインに惚れる!


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

落書きの魔女の唄 「クレヨンのにじ」 [落書きの魔女]

どうも!
魔女記事第197回目、落書きの魔女の唄「クレヨンのにじ」です!

MADOGATARI展で公開された落書きの魔女の唄はこんな感じでした!

*機嫌よく適当な節で叫びましょう
「ルゥ・Rot!」(赤)
Rot Rot Rot Rot ざくろ!
「ルゥ・Gelb!」(黄)
Gelb Gelb Gelb Gelb ハチミツ!
「ルゥ・Grün!」(緑)
Grün Grün Grün Grün アオムシ!
「ルゥ・Blau!」(青)
Blau Blau Blau Blau 猫!
「ルゥ・Violet!」(紫)
Violet Violet Violet Violet 窒息!
私たちは 「Regenbogen!!」(虹)


ドイツ語で色を叫んでいます。
赤 rot ロート
黄 gelb ゲルプ
緑 grün グリューン
青 blau ブラウ
紫 Violet ヴィオレット
虹 Regenbogen レーゲンボーゲン

落書きの魔女らしく、クレヨンにちなんで色を叫んでいますねー。

色に対応してその後に叫んでいるのが
赤→ざくろ
黄→ハチミツ
緑→アオムシ
青→猫
紫→窒息

最初の赤、黄までは分かるけど、
緑からアオムシという微妙な表現になり、
青が猫、紫が窒息という難しい表現になっています。

っというか紫だけ対象物がおかしい。
確かに窒息死して時間が経つと・・・・・例えが恐ろしいアルベルちゃん。

最後に「私たちはレインボー」と言っていますが、私たちって、何かの集団でしょうか!?アーニャ軍団!?
確かにカラフルではあるが!


続いて、MADOGATARI展にて公開されたアルベルティーネの公式説明文追加。

落書きの魔女。その性質は無知。
かくれんぼが大好き。
自身の手下たちがかくれんぼをしようと毎日勤しんでいるが、彼女の手下達はあまり賢くないため誰も彼女のことを探してくれない。
ひとりぼっちの魔女は人間を見つけると走り寄り遊びに誘ってくる。
うっかり相手をしていると遊び半分に心臓を抜き取られてしまうが、無視をしてもかまってもらうために大切なものを持ち去ってしまう。

今までの公式説明文
落書きの魔女。 その性質は無知。
かくれんぼが大好き。
けれど彼女の手下達はあまり賢くないため誰も彼女のことを探してくれない。

落書きの魔女も短い説明文だったのですが、大分追加されました。
「落書き」の魔女なのに、「かくれんぼ」が大好きっていうのが面白いですよね~。
人間と遊ぼうとするらしいですが、遊び半分に心臓を抜き取るのは恐ろしいですね。無知って怖い!
無視をしてもかまってもらうために大切なものを持ち去ってしまう・・・大切なものが心臓を意味していたら、結局抜き取られるっていう。


アルベルティーネの結界についての資料も公開されていました。
資料に書いてあったのはこんな感じでした!
・結界に入ると、入ったものは小さくなる。
・そのため手下も大きく見えるようになり、なおかつ魔女が巨人で、アルベルちゃんは幼い女の子の感じを失くしてしまうようです。
・魔女がいる最深部はプラネタリウムっぽい空間になっており、下の方は、通ってきた手下の空間みたいなのが広がっている。
・壁の一部には黄色のモコモコがあり、モコモコしながら壁を移動している。モコモコからボールが出る。
・天井には目と眉毛、口がある。
・・・などの資料が展示されていました!
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (422).jpg
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (423).jpg
↑天井の目と口、手などは気になりますね~!
壁の一部にはモコモコっていうのはよく分からなかったです!
モコモコから出るボールというのは、手下のアーニャによってボールにされた人達かな?
嘘をついた回数だけ跳ねるのに必死なボール達!

落書きの魔女アルベルティーネの結界については、こちらの動画を参考にするのをオススメします!
2年前に自分でPSPの画面を撮影したものですが、良かったらどうぞ!

↑YouTubeのURL http://www.youtube.com/watch?v=n2UhOalgIZU
緑色のおもちゃの空間が特徴的なアルベルちゃん!
かなり人型に近い外見をしているアルベルちゃんの行動にも注目です!


では今回はこれで!
MADOGATARI展で公開された落書きの魔女アルベルティーネの情報まとめでした!
でわまた~。
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ハコの魔女の唄 「たのしいお出かけ」 [ハコの魔女]

どうも!
魔女記事第196回目、ハコの魔女の唄「たのしいお出かけ」です!

MADOGATARI展で公開されたハコの魔女の唄はこんな感じでした!

レッ 「ティ」 レッ 「ティ」
はこべ 「はこべ」 はこべ 「はこべ」

たのしかったね 「うれしかったね」
きょうは みんなでピクニック
またいこう 「そらのした」
こんどは おべんとう持ってこう
のばして 「ちぎれ」
まるめて 「ひねれ」
おべんと たくさん持っていこう

レッ 「ティ」 レッ 「ティ」
はこべ 「はこべ」 はこべ 「はこべ」
あしたも いこう ピクニック


結界が現れてまどかを引きずり込む際の、あのセリフが元になっている唄ですね!
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (421).jpg
↑使い魔の声を逆再生したセリフ「きょうはほんとうにたのしかったねー」「またいきたいねー」「こんどはおべんとうももっていこー」 の内容を少し詳しくした唄ですね。
ダニエル&ジェニファーはもしかしてこの時、アントニーのように歌っていたのか!?

ピクニックに行って楽しかったってことだったんですね。
しかしエリーちゃんは引きこもり設定があるので、あまり似合わないセリフ・・・引きこもりになる前のことかな?
「みんなと」と言っているので友達多そうな唄ですが・・・!?

前半は平和な唄ですが、突然「のばしてちぎれ」や「まるめてひねれ」など不気味な感じになります。
その後おべんとうたくさん持っていこうっていう文がやたら怖いです。
のばしてちぎったものと、まるめてひぬったものをお弁当にするってこと?その対象物次第では恐ろしいことに。

のばしてちぎる
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (419).jpg


まるめてひねる
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (418).jpg

のばしてちぎる、まるめてひねる、というのはどちらもダニエル&ジェニファーの技っぽいですね。

エリーちゃんがネットアイドル説もあるので、そっち方面の唄になったらやばかったですw

では次はMADOGATARI展で追加された、ダニエル&ジェニファーの公式説明文です。

MADOGATARI展の公式説明文
ハコの魔女の手下。その役割は運搬。
この手下がさわった物体はとても運びやすくなってしまう。
魔女のために積極的に呪いを振りまきせっせと人間どもを結界の中に引きずり込む。
手下はいつも二人一組で行動。
結界内は液体で満たされているため移動に支障はないが、それ以外の場所では二人揃わないと空を飛ぶことはできない。
魔女は自分では動けないのでこの手下に連れられて移動する。

今までの公式説明文
ハコの魔女の手下。 その役割は運搬。
この手下がさわった物体はとても運びやすくなってしまう。


大幅に追加文章があり、結界内の解説もあったりで重要な説明文となっています。

「魔女のために積極的に呪いを振りまきせっせと人間どもを結界の中に引きずり込む。」
あれだけの人間を集団自殺未遂させたのは、魔女のためにやる気を出していたのですね!

結界内は液体で満たされているため移動に支障はない
魔女は自分では動けないのでこの手下に連れられて移動する。
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (420).jpg
↑さやかは液体で満たされている水の中みたいな空間を利用して、まるで空を飛んでいるかのように動けたのですね!
魔女は空中に浮いているから動けるんじゃないか?と思ったけど、結界が水の中みたいな感じになっていて、魔女は浮いているだけだったんですね。
エリーちゃん動けないとはいえ、さやかに最初に殴られた時は頑張って体を回転させ復帰して動いてましたがw
手下がいなくなってしまったエリーちゃんは、必死にマミさんの映像をちらつかせるけど、それ以外は自分で動けないのでフワフワ浮いているだけ。映像を気にしないで、考えるより先に殴るさやかに敗北!

結界以外の場所では二人揃わないと空を飛ぶことはできない。
ダニエルもジェニファーも、羽は片方しかついていないから納得w
まどかマギカ展2 - コピー (736).jpg
↑しかしエリーの父母みたいな扱いのダニエル&ジェニファーですが、二人揃わないと飛べないというは父母揃わないと何かが出来ない、的な考察にたどり着く!?

これまでの情報から、人間→魔法少女→魔女の過程がかなり想像できる内容のエリーちゃん。キルスティンちゃん!
エリーちゃんは相手の心を簡単に見透かす能力を持っているところから、魔法少女の願いも「相手の気持ちを読めるようになりたい」とかそういう感じ!しかし例によって「少女の願いと、キュゥべえの願いを叶えるシステムには若干のズレがある。」ということから、必要以上に気持ちを読んでしまう状態に!?

人間時代・・・友達が多くて明るい子だったけど、最先端を進んでいるまどかの世界でパソコンデビュー!インターネットの世界にハマっていくけど、ネット内で知り合った相手とトラブルを起こしちゃった!ネットでは相手の顔が見えない・・・そこで相手の気持ちを知りたくなる!
魔法少女時代・・・キュゥべえに願いを叶えてもらい読心能力GET!相手の心が分かる!読める!しかし相手が何を考えているか、思っているのかを読みすぎた結果、みんな嘘つきだらけだと絶望!心が読めるから誰も信用できない、誰にも会いたくない、引きこもりになる!両親も自分のことを良く思っていないことに気づいちゃう!心を読みたくないのに、呼吸をするのと同じように勝手に相手の心を読んでしまう状態に!いろいろ絶望して魔女化!

というストーリーを予想しちゃうよね!?
まあ魔女の魔法少女時代についてはファンの間で想像・考察するのが楽しい部分ということで、ちょいちょい情報を小出しにして想像の幅を広げてくれる感じになっていっています。
なので公式設定による真実が明かされることは無いと思いますが、気になるからいつかは公開してほしいなあ・・・いや、未公開のままのほうが妄想が広がり楽しいかなあ・・・悩ましいところです!


では今回はこれで!
MADOGATARI展で公開されたハコの魔女の唄「たのしいお出かけ」と、ハコの魔女の手下の説明文追記の紹介でした~。でわまた!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

お菓子の魔女の唄 「ひとっこチーズ」 [お菓子の魔女]

どうも!
魔女記事第195回目、お菓子の魔女の唄「ひとっこチーズ」です!

MADOGATARI展で公開されたお菓子の魔女の唄はこんな感じでした!

チーズ! チーズ!
チーズは どこよ?

チーズ! チーズ!
わたしは ここよ?

チーズ! チーズ!
おねがい ひとつ

チーズ! チーズ!
チーズを さがせ!

にっがい チーズ
がったい チーズ
モソモソ チーズ
 やな  チーズ

わたしが ほしい
チーズは ひとつ
チーズ! チーズ!
チーズを さがせ


いかにもな唄ですねw
シャルロッテチーズ押し!!やっぱりこうなるかー的なw
チーズが欲しいシャルロッテ!チーズを探せとピョートルに命令している感じがします!
なぜかチーズの種類が「にっがい」「がったい」「モソモソ」という、まずそうな言葉が使われています。
最後にはストレートに「やな」チーズ。
わたしがほしいチーズはひとつらしいですが、やっぱりおいしいチーズなのでしょうか!?

チーズの歌といえば劇場版前編で使われたお菓子の魔女BGM「Wo ist die Käse?」(チーズはどこ?)がありますね。
「Wo ist die Käse?」、「ひとっこチーズ」、どちらもチーズを探している、チーズが欲しい、ということに変わりはないですね!


そして次はMADOGATARI展で公開されたピョートルの説明文です!

お菓子の魔女の手下。その役割はチーズを探すこと。
ネズミのようななき声を出しながら結界内をうろうろしている。
顔はスタンプになっており、チーズではなかったものに見印をつける。
ゴムまりのように弾みながら体当たりしてくる様子は大変間抜けだが
まともにくらえば骨の一本や二本では済まされない。

こんな感じで、説明文が大幅に追記されました!!
今までの公式説明文は、この2行でしたからねw

お菓子の魔女の手下。その役割はチーズを探すこと。
しかし過度な期待は禁物。

そして劇場版新編での活躍っぷりを表した説明文。

その役割はチーズの探索。
ネズミ型の手下はなぎさの周囲をとにかく回っていた。

今までの説明文と比べると、MADOATARI展のは大分詳しい説明文になりました。

あの◎顔はスタンプになっていることが判明!
チーズではなかったものに目印をつけまくっているようですね。わざわざ目印をつけないと分からなくなるのかw
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (414).jpg
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (415).jpg
↑チーズではないものにスタンプを押したと思われるシーン!?
チーズのイラストにはスタンプしないんですね!
魔女文字はチーズ?とかチーズ好き!とか書いてありますねw

ゴムまりのように弾みながら体当たりしてくる様子は大変間抜けだが
まともにくらえば骨の一本や二本では済まされない。
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (416).jpg
↑体当たりしてくるシーンはここ!マミさんの超絶身体能力には体当たりは効かなかったですね。
確かに間抜けっぽい攻撃方法ですが、普通の人間だったら致命傷になるほどの攻撃のようです。
魔法少女でも体当たり攻撃をもろに受けるとやばそうですね。

このシーンでマミさんが黄金の美脚を使っていることにも気づけましたw
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (417).jpg
↑体当たりしてきたピョートルを蹴飛ばすマミさんwこれは黄金の美脚じゃないか!


以上、MADOGATARI展で公開されたお菓子の魔女の唄と、ピョートルの説明文でした!
ピョートルがスタンプを押しているところを見てみたいです!
では今回はこれで!また~。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

暗闇の魔女の唄 「ゆめは包んで布の中」 [暗闇の魔女]

どうも!
魔女記事第194回目、暗闇の魔女の唄「ゆめは包んで布の中」を紹介します!
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (409).jpg
唄以外にも、叛逆の物語での活躍っぷりについても書きます!

MADOGATARI展で公開された暗闇の魔女の唄はこんな感じでした!

モニャモニャ ムィムィ 朝ですか?
「だいじょうぶ」 「お日様は まだ 凍った海の底の国」

モニャモニャ ムィムィ
「だいじょうぶ」 「お日様は 今 ごはんの途中」

夜が溶けるその前に お前の夢だけ かじらせろ。

モニャモニャ ムィムィ
「だいじょうぶ」 「お日様は さっき フォークでプスリ」

モニャモニャ ムィムィ
「だいじょうぶ」 「お日様は もう お墓の下よ」

夜はそこらによだれを垂らし
お前の夢らは皿のうえ。


暗闇の魔女の唄を読んでみて感じたことを書いていきます!

モニャモニャムィムィ
なんだか眠そうな感じを「モニャモニャ ムィムィ」と独特な表現をしています。

夜が大好き
まだ朝にはならない、ずっと夜でいてほしい思いが伝わる唄ですね。
暗闇の魔女はわずかな光があればその力を半減できるという特徴があるところから、朝(明かり)が苦手で夜(暗闇)が得意というのを唄でも表現しています。

朝、夜、夢といえば
公式ガイドブックには暗闇の魔女について「朝など来ません。夢ばかり見てる。永遠に私の周りはよるのまま」という記述があります。
ずっと寝て夢を見ていたいということなのでしょうか。

夢といえば
暗闇の魔女。その性質は妄想。
暗闇の魔女の手下。その役割は夢。
あらゆるものに姿を変化させ漆黒の闇の中に魔女の望みを描き出す。
魔女の望みを描きだそうにも漆黒の闇の中では見れなさそう・・・だったら魔女を寝させて夢の中に望みを描きだせば見てもらえる?寝るんだから、夜じゃないと?

お日様は
凍った海の底の国・・・地球儀で見ると日本の反対側は海らしい。お日様は反対側にあるという表現?
ごはんの途中・・・まだお日様は来ないことを表してる?
さっきフォークでプスリ・・・お日様を撃退したいほど、夜が好き、夜のままでいてほしい?
もうお墓の下よ・・・お日様消滅!?

「だいじょうぶ」
朝がこないから安心したい気持ちが書かれています。そんなに朝が嫌なのか!


夜が溶けるその前に・・・夜が溶ける=朝になる? 
夜はそこらによだれを垂らし・・・夜がよだれを垂らすという表現が独特。夜が広がるイメージは、よだれを垂らすようなダラダラした感じ?


お前の夢だけかじらせろ・・・寝ている人の夢を見る能力?
お前の夢らは皿のうえ・・・お皿の上に夢、皿の上ってことは食べるの?夢喰い!?
ズライカの性質「妄想」も関わっていそうです。

こんな感じで、キーワードは「夜」「夢」「お日様」という感じになっています。
闇が深ければ深いほど力が増す、暗闇の魔女らしい内容となっていますね。


叛逆の物語での活躍
暗闇の魔女の手下といえば、叛逆の物語の公式ガイドブックで他の手下より扱いが優遇されているところが気になるw
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (413).jpg
↑なぜか暗闇の魔女の手下ウーラはイラスト付きで他の手下より丁寧に書かれていましたw

暗闇の魔女の手下(レンタルVer.)
一応、まどかの護衛役。実際はまどかの足にじゃれついていた。
更に注意書き付きで、
*よくよく言い聞かせてありますし、ごはんもたくさん与えているので、たぶん人は襲わないと思いますが、もしもの時は逃げてください。
と書かれてあり面白いですw
レンタルVer.では首にリボンが巻いてあったり、しっぽに鈴が付いていたりと、猫っぽい感じになっています。
「動きは猫っぽい」と書いてあるので、猫がモチーフなのでしょう!
「あらゆるものに姿を変化させる」ことができるため、猫型以外にも色々なれそうですが。
とりあえず頭部は、あらゆるものに変化しそうな不定形な形をしています!
活躍はというと、まどかの足回りに一瞬ウーラのカットインが入っただけで特に何もしていなかったです!


以上、MADOGATARI展で公開された暗闇の魔女の唄を読んでみた感想と叛逆の物語での活躍でした!


では今回はこれで!
ウーラちゃん可愛い!ズライカは隠し魔女かっこいい!でわまた~。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

魔女の唄 [薔薇園の魔女]

どうも!
魔女記事第193回目、「魔女の唄」について書いていきます!
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (411).jpg
↑薔薇園の魔女の手下はドイツ語で喋る事をご存じでしょうか。
これが喋っているというより、MADOGATARI展で公開されたような唄っぽい感じに見えるんですよね。
その唄の内容から色々想像することができて楽しい唄となっています。
そんな薔薇園の魔女の手下の唄を紹介します!

すでにプロダクションノートで公開されている薔薇園の魔女の手下が歌っている内容はこんな感じです。
手下達がまどかとさやかを襲う時にドイツ語で歌っていた唄です。

薔薇園の魔女の手下達の唄

「見たことのない花だ。」
「見たことのない花だねぇ。」
「チョン切ってしまおうか。」
「チョン切ってしまおうね。」
「バラは僕らの女王様へ。」
「悪いお花はギロチン送り。」
「ヤァ!チョンと切れ。」
「ヤァ!切り落とせ。」

見たことのない花=まどかとさやか=2人をチョン切ろうとしていた。
これは手下達の唄となっており、魔女の唄はまた別にあるのかもしれません。
アニメでは唯一、薔薇園の魔女の手下だけ唄がありました。

他にも劇場版前編のお菓子の魔女、影の魔女はテーマソング(BGM)が歌になっていたり。
お菓子と影はBGMなので「魔女の唄」というわけでは無いと思いますが、BGMが歌というのは豪華ですね。



更に唄ではないですが、薔薇園の魔女の結界には唄っぽく看板にはこんな文字が書かれていたり。
看板の文字を箇条書きにして並べると、なんだか唄っぽく見えます。

「Die ersten Knospen sollen gepfluckt sein.」
まどか☆マギカオンライン - コピー (563).jpg
↑訳:はじめての蕾は掴み取りましょう。

「Bekampfe schadliche Insekten!」
まどか☆マギカオンライン - コピー (551).jpg
↑訳:悪い虫を許すな!

「Die bluhenden Rosen sollen der Konigin sofort geschenkt sein.」
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (412).jpg
↑訳:咲いたバラは速やかに女王様へ。


などなど。他にも看板の文字を訳すと唄っぽくなっており、プロダクションノートにはいろいろ書かれています。

もうお水は上げましたか。
はじめての蕾は掴み取りましょう。
大変!くだらない虫がついてしまった。
ばらは丁寧に扱うこと。
不必要な枝は切り落としましょう。
枝が込み入ってしまうと、風通しが悪くなります。
新しい枝には支柱を。
悪い虫を逃すな!
水の与えすぎに注意。
蕾を付けない枝は切り落としましょう。
咲いたバラは速やかに女王様へ。
返事は「ハイ」を一回、きちんと列になって歩く。
枝の誘引きは計画的に。

肥料チェック表
油 骨粉 その他の肉


看板の文字を箇条書きしてみましたが、魔女の唄っぽくなります!
こんなにいっぱい書いてあるのは薔薇園の魔女の結界ぐらいですねw
こういうヒントから人間時代・魔法少女時代・魔女化してからの行動など、いろいろ想像することができて面白いですね。

他の魔女にも唄があるのかな?と思っていたらMADOGATARI展に他の魔女の唄が公開されていました。
MADOGATARI展で公開された魔女の唄は13種類。

暗闇の魔女の唄
お菓子の魔女の唄+ピョートル追加説明文
ハコの魔女の唄+ダニエル&ジェニファー追加説明文
落書きの魔女の唄+アルベルティーネ追加説明文+結界の設定
銀の魔女の唄+ギーゼラ追加説明文
影の魔女の唄
犬の魔女の唄
人魚の魔女の唄(9話ver、10話ver)
芸術家の魔女の唄
委員長の魔女の唄
鳥かごの魔女の唄
救済の魔女の唄+救済の魔女の手下
舞台装置の魔女の唄+ワルプルギス追加説明文
絶望の魔女

これらの唄と追加説明文を各魔女事にまとめていこうと思います。
薔薇園の魔女関連は遠くの位置にあったり、本から半分はみ出ているだけで全容が分からなかったりで詳しく見ることは不可能でしたw
恐らく何らかの形で配布されたり公開されたりすると思いますが、MADOGATARI展で見てきた魔女の情報はレポートしていきます。

では今回はこれで!
薔薇園の魔女の手下の唄でした~。
次回の魔女記事から各魔女の唄を公開する予定です。でわまた!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「オフィーリア」 「ゾーイ」 [武旦の魔女]

どうも!
魔女記事第192回目、武旦の魔女「オフィーリア」手下の「ゾーイ」です!
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (406).jpg

初登場・・・マミのドキドキ ティロ・フィナーレ
手下の名前判明・・・MADOGATARI展

MADOGATARI展にて、武旦(ウーダン)の魔女関連について新たに分かったことを記事にします。
おめかしの魔女ほど詳しい資料は展示されていなかったですが、2つの新情報がありました。
・武旦の魔女の手下の名前が判明
・公式説明文に追記有り
主にこの2つが新情報でしたので紹介していきます。

武旦の魔女の手下の名前が判明
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (397).jpg
↑手下の名前は「ZOE」と書いて「ゾーイ」と読めます。ゾイとかゾエだとしっくりこないので、ゾーイだと思います!

オフィーリアとゾーイの公式説明文追加
PSP版の説明文とMADOGATARI展の公式説明文を比べてみます。

武旦の魔女 オフィーリアの公式説明文の追加

PSP版の説明文
武旦の魔女。その性質は自棄。
霧の中を虚ろな足どりで永遠にさまよい続ける魔女。
いつも傍らにいる馬が何だったのか魔女にはもう思い出せない。

MADOGATARI展の説明文
武旦の魔女。その性質は自棄。
霧の中を虚ろな足どりで永遠にさまよい続ける魔女。
その身には鬼火を宿し、自らを静かに燃やし続ける。
いつも傍らにいる馬が何だったのか魔女にはもう思い出せない。

追加された説明文は「その身には鬼火を宿し、自らを静かに燃やし続ける。」です。


その身には鬼火を宿す
鬼火・・・人間や動物の死体から生じた霊、もしくは人間の怨念が火となって現れた姿と言われている。
炎ではなく、鬼火という表現が良いですね。
杏子魔女化ルートでは大切だった家族を救えず、巴マミも死に、そしてさやかまで死んでしまい絶望します。
絶望した杏子の発言が「あたしにはもう何も無い、何も無いんだ!呪ってやる!あたしはこの世界の全てを呪ってやる!バッカヤロォオオオオッッ!」という、凄まじい怨念を持ちながら魔女化。
更に杏子回想シーンの父親が死ぬ際、頭部が燃えて火事になる表現がされていたのもあって、杏子の怨念がオフィーリアのような鬼火を宿した魔女を生んだのかもしれません。

自らを静かに燃やし続ける
基本的には静かに燃やし続けているようですが。
PSP版でオフィーリアを撃破すると、自身の鬼火をコントロール出来なくなったのか一気に自らを燃やしつくして消滅します。
ほっとけば静かに燃やし続け、やがては消滅するのだろうか?


武旦の魔女の手下 ゾーイの公式説明文の追加

PSP版の説明文
武旦の魔女の手下。その役割は行進。
霧の中を規則正しく歩き続ける。
主である魔女がこの使い魔の側に寄る事はない。

MADOGATARI展の説明文
武旦の魔女の手下。その役割は行進。
霧の中を規則正しく歩き続ける。
何処かへ巡礼へ行く途中なのだろうか?それとも葬列だろうか?
主である魔女がこの使い魔の側に寄る事はない。

追加された説明文は「何処かへ巡礼へ行く途中なのだろうか?それとも葬列だろうか?」です。
公式の説明文でも何の行進なのかはハッキリせず、問いかけています。
巡礼という言葉が、杏子の父親の宗教を表していますね。
葬列は杏子の家族や仲間や友達が死んでしまったことを意味しているのでしょうか。


結界に存在する金魚は使い魔?
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (399).jpg
↑こちらはMADOGATARI展とは関係ないことですが、ゾーイと一緒に存在する金魚が気になります。
この金魚はPSP版の結界では完全に背景扱いなのですが、スマートフォン用のゲームアプリ「マミのドキドキ ティロ・フィナーレ」では使い魔扱いなのか、敵キャラとして登場しています。
もしかしたら、お菓子の魔女の手下ポリーナのように実は使い魔という可能性がありますね。

金魚は使い魔?参考動画
 YouTubeのURL https://www.youtube.com/watch?v=-0oExXfnIK0
↑魚がほむらに向かって体当たりしようとする様子が見れます。敵として登場している以上、使い魔扱いの可能性があります。
ゾーイについては、公式の説明文「主である魔女がこの使い魔の側に寄る事はない。」の通りPSP版では武旦の魔女と使い魔が一緒に登場することは無いのですが、このアプリゲームでは一緒に登場しちゃってますね。
魔女が使い魔の側に寄る事はないけど、使い魔が魔女の側に寄る事はあるのかな?って矛盾しているか?
ゲームアプリなので公式設定を都合で無視している可能性もあるのでなんとも言えないですね。


以上、MADOGATARI展で分かった「武旦の魔女」情報まとめでしたー!
例によって、武旦の魔女の手下の名前が判明したのでサイドバーの魔女画像から行ける武旦の魔女の手下の記事に名前判明の追記を書きました。
他の魔女の情報も時間を見つけ次第、記事にしていきます!
では今回はこれで!また~。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「キャンデロロ」 「ドゥ・ポリニャック」 [おめかしの魔女]

どうも!
魔女記事第191回目、おめかしの魔女「キャンデロロ」手下の「ドゥ・ポリニャック」です!
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (405).jpg

初登場・・・魔法少女まどか☆マギカ ポータブル
名前判明・・・MADOGATARI展

今回はMADOGATARI展にて、おめかしの魔女関連について新たに分かったことを記事にします。
おめかしの魔女の手下の名前が判明したことが個人的に大きな収穫なので、まずは手下からまとめていきます。


おめかしの魔女の手下の名前
2012年3月に発売されたPSP版ソフト「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」で初登場。
ですが約3年半ぐらい、長いこと名前が不明でした。
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (402).jpg
↑名前は基本?????扱いでした。
しかし、MADOGATARI展のイヌカレー資料コーナーにて、おめかしの魔女の手下の名前が魔女文字で展示されていました。
訳すと「DU POLIGNAC」となっていました。
公式の読み方は他の魔女同様、ハッキリと公開されていませんが英語読みの「ドゥ・ポリニャック」と読めますね。


使い魔の名前は「ドゥ・ポリニャック」
さてこの名前、どこかで聞いたことがある名前ですね。ドゥ・ポリニャック。
PSP版の特典ディスクに収録されたキャンデロロの資料を見ると、魔女の名前の続きらしきものが書いてありました。そこに今回の名前が記されています。
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (404).jpg
↑キャンデロロに付いているお守りのようなタグに「キャンデロロ・ドゥ・ポリニャック」と書かれています。
魔女のフルネームに見えますね。
なぜなら、他の魔女で例を上げると、
さやか魔女「オクタヴィア・フォン・ゼッケン・ドルフ」
まどか魔女「クリームヒルト・グレートヒェン」
このフルネームの流れで、マミ魔女「キャンデロロ・ドゥ・ポリニャック」と思われるのは当然のこと。
なので長いことPSP版魔女に関する詳しい資料が未公開だったので、これは魔女のフルネームなのではないかと思っていました。
ですが、魔女のフルネームではなく、「ドゥ・ポリニャック」の部分は使い魔の名前でした!
タグには魔女と使い魔の名前が記されており、名前の間にはぐねぐねした矢印。
名前の間が「・」ではないところが、魔女と使い魔で分けている感じがありますね。
キャンデロロは使い魔のアクセサリーに偽装することが出来るという特徴があるので、偽装するとタグに名前が浮かび上がるのかもしれませんね。


ももいろさん、あかいろさん・・・他にも数種類いた!!
MADOGATARI展でおめかしの魔女の手下のイラストを見ると、衝撃的あるいは予想通りだったと言えるイラストが描かれていました。
さやか、ほむら、仁美の姿をした使い魔も存在していました!
名前をつけるなら、まどかが「ももいろさん」、杏子が「あかいろさん」なので
さやか「あおいろさん」
ほむら「くろいろさん」or「むらさきいろさん」
仁美「みどりいろさん」
という名前が付くのは容易に想像ができますが、〇〇さんという名前は公開されていませんでした。
更に、ほむらを表す使い魔はなんと2種類存在し、三つ編みタイプとロングヘアタイプがいました。
まどかマギカポータブルでは、まだほむらが魔法少女になっていない時に魔女化したのでロングヘアタイプは存在しなさそうだと思うのですが・・・これはつまり、ほむらが眼鏡を外してイメチェンをした後にもマミさんは魔女化した時間軸があるという事になりそうです。
また、マミさんと仁美はそんなに関わりが無かったはずですが、深く関わった時間軸もあったということに?
マミさんの手下は生前想いを抱いていた相手を具現化させたものなので、仁美ともなんらかの関わりがあったのでしょう。
ちなみに並び順は、左から
ももいろさん、くろいろさん(三つ編み)、みどりいろさん、あおいろさん、あかいろさん、くろいろさん(ロングヘア)
という順番で6体並んで描かれていました。


おめかしの魔女の手下の公式説明分の追加
PSP版とMADOAGATARI展の説明文を比べてみます。

PSP版
おめかしの魔女の手下。その役割はご案内。
結界の中に入ってきた人間を魔女のお茶会へと誘う。
放っておくと逃げてしまうため、魔女によって手足を縛られている。
魔女の大切なお友達。

MADOGATARI展
おめかしの魔女の手下。その役割はご案内。
結界の中に入ってきた人間を魔女のお茶会へと誘う。
放っておくと逃げてしまうため、魔女によって手足を縛られている。
魔女の大切なお友達。
見た目の色によって、あかいろさん、ももいろさんなどの違いがあるが、役割はすべて同じ。

新たに追加された説明文は「見た目の色によって、あかいろさん、ももいろさんなどの違いがあるが、役割はすべて同じ。」ですね。
何色でも、役割はすべて「ご案内」ということだと思われます。
でも攻撃方法は色によって変わっていること間違いなし!
ももいろさんは弓、あかいろさんは槍で攻撃してきたので、あおいろさんは剣、くろいろさんは銃。
みどりいろさんは・・・仁美は魔法少女になっていないからどうやって攻撃するのか想像できないですね。
仁美は4話でまどかに腹パンしていたので攻撃方法は腹パン・・・なわけないですねw
全色まとめて「DU POLIGNAC」という名前になっていたので、名前もすべて「DU POLIGNAC」でOKだと思います。


おめかしの魔女キャンデロロの資料も展示されていました。
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (403).jpg
↑キャンデロロの資料といえば、PSP版の特典ディスクのみで他は未公開でした。ですがMADOGATARI展には未公開資料がチラホラと!?
資料に書かれていたことは、
「魔女の家に置いてある長い紫色テーブル」
「家具類を普通よりでかくデザインしてプレイヤーが子供サイズになるくらいに」
「ペンダント形態」
「マミのつけ方→首の後ろでガッチリチョウチョむすび。マミ毛ロールを後ろから前に持ってきて完成」
「マミアクセサリー完成」「リボン(手)のみ外にのこして」
「おめかしの魔女のスカート部分について、伸び縮み?」
などの資料が初公開されていました。
「マミのつけ方」など細かい資料も存在していたことに感動です。しかし「マミのつけ方」とは直球ですね。
「ペンダント形態」という形態名は良い収穫となりました。


おめかしの魔女キャンデロロにも公式説明文の追加がありました。
PSP版とMADOAGATARI展の説明文を比べてみます。

PSP版の説明文
おめかしの魔女。その性質はご招待。
理想を夢見る心優しき魔女。
寂しがり屋のこの魔女は結界へ来たお客さまを決して逃さない。

MADOGATARI展の説明文
おめかしの魔女。その性質はご招待。
理想を夢見る心優しき魔女。
結界の奥にあるおうちで毎日お茶会を開いているが、
そこで出される食物を口にした者はその魂を抜かれてしまうだろう。
寂しがり屋のこの魔女は結界へ来たお客さまを決して逃さない。
その体はとても小さく、ティーカップに入ってしまうほど。
キーホルダーのように手下の体にくっついて移動する。

MADOGATARI展の資料には公式説明文に大幅な追加がされていました。
追加された説明分を見ていきます。
「結界の奥にあるおうちで毎日お茶会を開いているが、そこで出される食物を口にした者はその魂を抜かれてしまうだろう。」
これは魔女や使い魔の説明でたまにある感じの、関わってはいけない雰囲気をかもし出している特徴ですね。
他で例えを出すなら人魚の魔女の手下 ホルガーですね。「その音を長く聞き続けた者は魂を抜き取られてしまう」という感じで。
魔女や使い魔は直接攻撃をするタイプもいれば、精神的な攻撃で魂を抜き取っちゃうタイプもいるということですね。
毎日お茶会開催はとてもマミさんらしいですが、食物を口にしたら死亡?するのでお茶会にならなそうだ。
「その体はとても小さく、ティーカップに入ってしまうほど。」
知っていますとも!キャンデロロは今まで公開されている全魔女中、最も小さいとされています。手のひらサイズです。例えをティーカップにしているところが、マミさんを意識しまくっている説明ですね。
「キーホルダーのように手下の体にくっついて移動する。」
普段は手下の体にくっついているのかな?PSP版にてキャンデロロ初登場シーンは空中を飛び回って登場したので、常にくっついているわけではなさそうですが。キーホルダーという表現が面白いですね。


以上、MADOGATARI展で分かった「おめかしの魔女」情報でしたー!
こんな感じでMADOGATARI展には魔女の情報が他にも盛りだくさん!
もちろん他の魔女の情報も見てきたので、まとめていく予定です!
また、おめかしの魔女の手下の名前が判明したのでサイドバーの魔女画像から行けるおめかしの魔女の手下の記事に名前判明の追記を書きました。
では今回はこれで!また~。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメーションの魔女 シャフト [アニメーションの魔女]

どうも!
魔女記事第190回目、アニメーションの魔女「シャフト」です!
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (395).jpg

性質・・・従事
登場・・・MADOGATARI展

この魔女は週に一度、自身の結界でもある沼へ身を投げる。
その体は油のような七色の夢となり水面に広がるが、落水時に表れる波紋こそが魔女の本体。
また、この魔女の結界に呑まれた者は七色の夢を吸収することでしか生存を許されない。
眠らぬ体と溶けない時間、この魔女の望みは呪いと共に成就した。
魔女は40年の間、やがては消える七色の夢と果てるため幾度も身を投げ続ける。


劇団イヌカレーがMADOGATARI展のために制作した魔女。
東京、大阪、名古屋会場で展示されたようで、札幌では展示されなかった模様。
沼へ身を投げた時の波紋を表すような形状をしており、例えるならミルククラウン。
波紋は全方位に広がり、その先には頭や脚がついている。
左右に顔があり、下には口のついた不気味なもの(生物で例えるならウミウシ)が生えており、どこが本体なのか分かりづらい。
説明によると落水時に現れる波紋こそが魔女の本体らしいが、この展示されている姿が本体なのだろうか。


魔女の口づけ、性質、魔女名
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (393).jpg
↑魔女の口づけはMADOGATARI展のマナームービーにも写っていた、ツインテールの少女に針が刺さったかのようなデザイン。
性質は初期段階では「歪み」だったようですが、「従事」に変わったようです。
従事・・・その仕事に携わること。
魔女名が「シャフト」という、そのまんま!アニメ制作会社に携わること、という感じでしょうか。
手下の名前は「シャチク」。社畜。
アニメーションの魔女の説明文が本のように展示されているのですが、よく見ると端にはページ数が書かれいます。更に他の魔女の展示にもページ数が書かれていたので、もしかしたら本となって発売、配布される可能性がありそうですね。


アニメ制作会社シャフトをイメージしているかのような説明文
アーニマブログs - コピー (63).jpg
「この魔女は週に一度、自身の結界でもある沼へ身を投げる。」
 ↑アニメは毎週〇曜日に放送していますね。
「この魔女の結界に呑まれた者は七色の夢を吸収することでしか生存を許されない。」
 ↑結界に呑まれたらシャフトのアニメを見ないといけない。まどマギ・化物語という代表作品を筆頭に、呑まれた者は多数います。MADOGATARI展に来場した人は全員結界に呑まれているという事です。
「眠らぬ体と溶けない時間、この魔女の望みは呪いと共に成就した。」
 ↑アニメの制作がとても大変なことを想像させられます。
「40年の間、やがては消える七色の夢と果てるため幾度も身を投げ続ける。」
 ↑シャフトは40周年、これからもアニメを作り続けるよ!というメッセージか。
こんな感じで、上手いこと本格的な魔女設定に見せかけシャフトをイメージさせる内容になっています。


魔女の結界
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (394).jpg
↑床には様々なシャフト作品関連のものが並べられています。
作品はまどマギ関連、化物語関連のもが中心になっています。
更に劇中でコラージュに使われそうな鍵やら箱やらカメラ機材や人体模型など、イヌカレーらしさ抜群の雰囲気となっています。
劇場版まどマギ新編に出てきたナイトメアの人形や、薔薇園の魔女の手下のカードなども確認できました。
天井部分にはシャフト作品のヒロインを模した人形が吊るされていました。
シャフトキャラクター・ウェルカムトンネルのような、シャフト作品の場面カットをコラージュしたクロスも飾られていました。また、魔女本体の青色の波紋部分にもシャフト作品の場面カットがコラージュされています。
他にも劇団イヌカレーが装飾を施したシャンデリアが吊るされており、くるみ割りの魔女風、舞台装置の魔女風のものが様々な小物を使って飾られていました。


「MADOGATARI展図録」にアニメーションの魔女が掲載されています。
MADOGATARI展の「魔法少女まどか☆マギカ」ゾーンの展示は、コンセプトを決める段階から劇団イヌカレーが関わっていたようです。
アーニマ・フィギュアブログ - コピー (396).jpg
アーニマブログs - コピー (64).jpg
↑アニメーションの魔女のオブジェも、イメージを練った上で、劇団イヌカレーが自ら手作りしたとのこと。
アニメで使われたコラージュを実際に見れて幸せです。


では今回はこれで!
劇団イヌカレーがMADOGATARI展のために制作した魔女「シャフト」でした!
魔女の中ではトップクラスにグロテスクでカオスな外見ですが、劇団イヌカレー産の魔女をこんなにリアルで見ることができて感服です!
でわまた~。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | -