So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
横浜から東京に引っ越しました!新生活スタート!

くるみ割りの魔女 ホムリリィ [くるみ割りの魔女]

どうも!
魔女記事第154回目、くるみ割りの魔女「ホムリリィ」です!
この記事では頭部が削げ落ちた後のホムリリィについて書いていきます。
くるみ割りの魔女 - コピー (15).jpg

性質・・・自己完結
登場・・・劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語

魔法少女 暁美ほむらが魔女化した姿。
ソウルジェムの殻を破れず、不完全な魔女化をしたので魔法少女時の姿を色濃く残し、普通の魔女とは違った半魔女ならではの特徴を持つ。

ソウルジェムの中で魔女化
インキュベーターの実験が原因でソウルジェムの中で魔女化する。
魔女の理想的な見滝原市を結界として作り出し、魔女としてのほむらが無意識の内に求めた標的を結界に取り込む。街一つと住人を丸ごと模倣して作り上げてしまった。
取り込まれた犠牲者は記憶を一部改竄され、更に魔女本人は自分が魔女であることを忘れてしまう。
この世界に違和感を感じ、自身が魔女になっていたという真実を知り始めると、結界の様子は一変し出しマユの塔が出来上がる。
塔の中でまだ人の姿を保っていたほむらだが、インキュベーターから円環の理(鹿目まどか)を守るために自ら呪いを募らせて魔女となった。
約束を果たせない姿になり、特に価値を持たない存在となってしまったので、今までの罪を償う為に処刑されることを望む。自己完結。
「まどか、こんなところまで迎えに来てくれてありがとう。最後に、お別れを言えなくて、ごめんね・・・。」
処刑台へと向かって手下達と行進し、魔女の葬列が始まる。

「此岸の魔女」と「くるみ割りの魔女」
くるみ割りの魔女 - コピー.jpg
↑ほむらの完全な形での魔女化が此岸の魔女、ほむらの不完全な形での半魔女化が「くるみ割りの魔女」。
かと思っていたが、後に出た叛逆の物語のプロダクションノートにて外見が変わった理由が明らかになった。
・魔女化した瞬間における魔法少女の精神状態が魔女姿に強く反映される
・PSP版のゲーム内でホムラの魔女姿として目撃された此岸の魔女と今回のくるみ割りの魔女が違う姿なのは、1ヶ月ループを脱出することが出来なかったホムラから生まれた魔女→此岸の魔女だから。
・昨日の絶望と今日の絶望が同じとは限らないため、同一人物であっても時期によって様々な魔女が生まれる。
この3つの点から、どうやら「精神状態、絶望の種類、時期」によって外見が変わるようだ。

魔女の口づけのデザインも変わる。
ただし名前はどちらも「Homulilly(ホムリリィ)」であることは変わらない。
「此岸の魔女」が「くるみ割りの魔女」に変わったが、魔女図鑑のくるみ割りの魔女の説明にも「此岸」という言葉が使われている。
彼岸(ひがん)・・・自らが理想の世界に到達するという行為を表したもの。欲や煩悩から解放された世界。
此岸(しがん)・・・悩みの多い現実世界。苦しみに満ちた迷いの世界を指した言葉。欲や煩悩にまみれた世界。
くるみ割りの魔女の説明「この愚かな魔女は永遠にこの此岸で処刑を繰り返す。」
偽街の子供達の説明にも「色から生まれ空にはあらず、此岸の淵こそ我らが舞台。」
此岸からくるみ割りに変わりはしたが、永遠に処刑を繰り返す魔女の「終わらない生を繰り返す事を暗示」という本質は変化していないように見える。

外見
魔法少女時の服がまだ残っており、色も同じ。下半身側はドレスになっている。
顎から上の顔とレコード盤の帽子が削げ落ち、歯はこぼれ頭蓋はとろけ目玉も落ちた。
歯は丁度目がありそうな位置から涙の代わりに零れ、使い魔へと変化する。頭蓋には彼岸花が咲いている。
体は白骨化しているため、とても不気味な姿になっている。手枷は手枷で拘束されている。
ドレスの腰部分には魔法少女の時と同じようにリボンがついており、このリボンの先端は手の形になっている。
リボンの手は魔女本人とは違った意思を持っているようで、地面に爪を突き立てたり処刑の進行に抵抗している。
だが処刑の進行は止まらず、リボンの手は暴れ出すが、途中で魔女自身によって破壊される。
腰にはラッパもついている。
このラッパ部は150年ほど前の米国製の蓄音機(ブリキの蝋付け、手巻きゼンマイ式)に似ており、劇中にも何度か登場する。
くるみ割りの魔女 - コピー (20).jpg
↑悪魔ほむら誕生の後にも蓄音機が登場するが、すぐに破裂する。
蓄音機はレコードプレーヤーの前身という事もあり、頭部が削げ落ちる前のホムリリィに着いていたレコード盤の帽子と同じように「好きなところから再生可能、繰り返し聴ける」などのほむらの時間停止やループ能力を意識したものと思われる。前身の形になっているのと、腰の位置にあるのには意味がありそうだ。

劇団イヌカレーコメント
公式ガイドブックの劇団イヌカレーのコメントでは、
「短期間でストレートに入り込めるよう考えました。」
「設定的にはソウルジェムの中で魔女化したので元の姿に近い半熟魔女です。」というコメントがあります。
半魔女なので、一目でほむらの魔女化した姿と分かるよう意識したのだろうか。
そしてまどか☆マギカの世界で「半魔女」や「半熟魔女」という新しい表現が生まれた。

彼岸花
頭部に彼岸花が咲いている理由は花言葉が関係している。
彼岸花の花言葉には「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」 「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」 があり、まどかの為に時間遡行を繰り返してきたほむらを表す言葉が多い。
また、彼岸花は別名「地獄花、幽霊花、葬式花、死人花」などの名があり、白骨化(死人)して自身の処刑を望む(葬式)くるみ割りの魔女を表してもいる。
魔女図鑑に「もう種を砕けない頭には約束だけがみじめに植わる。」という記述がある。
植わっているのはもちろん彼岸花。
彼岸は「自らが理想の世界に到達する行為」=ほむらの「最後に残った道しるべ」
ほむらは魔女化してすべてを失い戦うことすら出来なくなったので、その道しるべは閉ざされた。
なのに彼岸花が植わっているのがかわいそうで見るにしのびないさま・・・という意味なのかもしれない。

断頭台への行進
結界の奥にある、丘のある公園(ほむらとまどかが話していた場所)には断頭台が表れる。
魔女の手には手錠がされており、自身の処刑を望んで手下達と断頭台へ向かって行進をする。
だが首を跳ねる程度では魔女の罪は消えないらしい。また、魔女であるため首を跳ねる程度では死ぬことは出来ないだろう。よって、永遠に処刑を繰り返す。
まどかが結界の壁を打ち破った時、破壊された断頭台のカットが入っている。

使い魔の数が他の魔女と比べ物にならないほど多い。
くるみ割りの魔女.jpg
くるみ割りの魔女の手下 ロッテ http://a-nima-figure.blog.so-net.ne.jp/2014-04-17
くるみ割りの魔女の手下 ルイセロッテ http://a-nima-figure.blog.so-net.ne.jp/2014-04-20
くるみ割りの魔女の手下 リリア http://a-nima-figure.blog.so-net.ne.jp/2014-04-21
くるみ割りの魔女の手下 リーゼ http://a-nima-figure.blog.so-net.ne.jp/2014-04-23
くるみ割りの魔女の手下 リサ http://a-nima-figure.blog.so-net.ne.jp/2014-05-09
偽街の子供達(14体+最後のアイ) http://a-nima-figure.blog.so-net.ne.jp/2014-06-0
ロッテとリーゼにはブロッケン級(巨大なタイプ)も存在し、他にはナイトメアなどもいる。
偽街の子供達は14体もおり、1体1体の力は魔法少女に劣らないので魔法少女14人分の力を持っている。
魔法少女同等の力を持つ偽街の子供達14体やナイトメアを使い魔の数に入れれば約20種類ほどになる。
どう考えても魔法少女1人や2人で立ち向かえる規模ではない、ワルプルギスの夜同様に大規模な魔女である事が分かる。
そしてこの手下達は、魔法少女の姿を色濃く残している魔女の姿を見て「出来損ない」「なり損ない」「間抜けな姿」「いつもおまえは笑いもの」などと呼び恥ずかしく思っているようだ。

更に変化を遂げるホムリリィ
くるみ割りの魔女 - (ef - コピー (3).jpg
↑処刑に抵抗する腰のリボンを破壊してからは、空に飛んだりするようになる。
邪魔なリボン(リボンは地面に爪を突き立てていたので、処刑を望むホムリリィにとっては邪魔)が消えたおかげで空に浮かべるようになったのだろうか。
空中に飛んでからは、ドレスのスカートが広がり、自身の周りに幾つもの歯が現れ、ワルプルギスのような紋章が背中に広がる。
そして自身の体から針や歯車を出現させ、防御壁のようなものを作り出す。
その際、まるで砂時計の形を意識するかのように、ホムリリィの上下から扇上に歯車の壁が広がっていく。
この行動の理由は恐らく、結界が破壊されると自分はこの世界で死ねなくなるので、皆の結界の破壊行為を阻止しようとしているのだろう。
しかしマミさんのティロ・フィナーレの爆撃の後、杏子の槍を持ったオクタヴィアの奇襲攻撃により歯車の壁は打ち破られる。

苦しむほむらを助けるまどか
くるみ割りの魔女 - コピー (3.jpg
くるみ割りの魔女 - コピー (35).jpg
↑頭部に大きな目のついた影のような、三つ編み姿のほむらが写しだされる。
魔女化してもその影のようなほむらは「やめて!もうやめて!私はこの世界で死ななきゃならないの!」っと救済を拒む言葉を発する。
その三つ編み姿のほむらに、銃を向けるシーンが出てきたりと、これはほむらの心の奥の深い部分を表現しているのかと思いきや・・・
まどかが手を取りに来た時、なんと2人は削げ落ちた頭部の上に立っていた。
苦しんでいたほむらはまどかの手を取り体を起こすと魔法少女姿に戻るという奇跡が起こる。
魔女の特徴として
〇魔女に人間だった頃の感情、記憶はほぼ無い。魔女として生まれ変わる。
〇魔女として生まれ変わると、元の魔法少女は抜け殻となり死んだことになる。
〇魔女化した魔法少女を元に戻す方法は無い。
などがあるが、くるみ割りの魔女はこれらの特徴に当てはまらない。
その理由は全て、「半魔女」という特殊な事例だからとしか言いようがない。
半魔女化なら心の中(?)では喋ることが出来たり、元の魔法少女に戻れる可能性があるようだ。
更に大きな目のついた影のようなほむらは削げ落ちた頭部に存在していることになるのだろうか?
魔法少女の暁美ほむらと魔女化した姿のホムリリィが同時に存在していることになるが・・・これも半魔女化ならではの特殊な事例と考えるとしよう。
ちなみに「魔法少女まどか☆マギカ展 ~もう一度あなたに逢いたい~ 」に書かれていた説明文を読むと、これらが半魔女化による特殊な事例だからという事が書かれているように読める。

「魔法少女まどか☆マギカ展 もう一度あなたに逢いたい・・・」ではくるみ割りの魔女に新たな説明文が加わった。
その性質は自己完結。
この魔女の因果は通常では考えにくい規模で手下の軍勢を生み出した。
しかしこの魔女は未熟なデキソコナイ。
この醜く壊れた人形へも無償の愛を恵む者が現れればこのいやしくも未熟な魔女の心は永遠に失われたままとは限らない。
くるみ割りの魔女 - コピー (50).jpg
↑公式の説明文には書かれていない、まどか☆マギカ展ならではの説明文となったのには驚きである。
この説明は分かりやすく表現するとこんな感じになりそうです。
暁美ほむらに絡まるはずのなかった因果線が連結したので、通常では考えにくい規模の魔女になったが、未熟な半魔女なので、無償の愛を恵む者(まどか)が現れれば魔女は人間の心を取り戻すことが出来る。
「半魔女化」なので心を取り戻せば魔法少女の姿に戻る事が可能と書いてあるように読めます。


では続きに、くるみ割りの魔女の「かっこいい(端整)」「かわいい(美麗)」「恐ろしい(凄惨)」「かわいそう(憐憫)」「お楽しみ」を書いてみたので、良かったら続きからどうぞ!
  
端整
くるみ割りの魔女 かっこいい.jpg
↑ホムリリィが歩くたび、丁度目のある位置から涙のように歯がこぼれ落ちます。
空には鳥がうずまき、地には兵隊が行進する葬列の始まりです。
ホムリリィは横顔で登場することが多いですが、一番横顔がアップで写るのはこのシーン。
髪の毛がゆらゆら動き、ゆっくりと動いている姿は端整です!
首は以外と長いです。



美麗
くるみ割りの魔女 -かわいい.jpg
↑ホムリリィの腰についているリボン。
リボンは処刑に抵抗して暴れたりしていたが、途中で魔女の前方へ出て祈りのポーズを取りました。
皆が処刑から助けてくれることを祈っているのかもしれません。
魔女は後ろで暴れていたリボンはスルーしていましたが、前方で祈りのポーズをされると邪魔なのか自らの手でリボンを破壊してしまいます。
同時に祈るポーズをする白いロッテも表れる。まどか達の登場でもしかしたら助かる希望があるかもという祈り?
処刑されることを願っているが、本当は処刑なんてされたくない、そんな2つの気持ちが絡み合って葬列に抵抗する気持ちがリボンに出ているのかな。
後ろ側で暴れているのは本音を隠しているようにも見える。
しかし、リボンがいくら抵抗しても魔女は全く影響を受けず歩く速度が変わらない。
いくら暴れても魔女の行進が止まることは無さそうです。



凄惨
くるみ割りの魔女 恐ろしい.jpg
↑まどか達の攻撃により、結界の奥側にヒビが入っています。
まどか達が結界の壁を壊そうとすると、それを防ぐかのように自身の形態を少し変化させ、歯車の壁を作り出します。
ホムリリィの回りには歯が円形2列で並び、背中には紋章が出来ましたが、これはホムリリィの本気モードなのでしょうか!?
ホムリリィは空中にいますが空を飛べるのかというと・・・恐らくスカート中からジグザグした針のような物を展開させそれを足場にしているから空中にいるのだと思われます。



憐憫
くるみ割りの魔女 -かわいそう.jpg
↑私はこの世界で死ななきゃならないの!っと処刑されることに必死なほむら。とても苦しんでいます。
死にたがる魔女の手を掴むのは人魚の魔女オクタヴィア。
オクタヴィアがホムリリィの手を掴んでいるシーンはとても印象に残ります。
手を掴んで行進を止めているのか、説得しようとしているのか、手枷を外そうとしているのか。



桜満開
くるみ割りの魔女 桜満開.jpg
↑ホムリリィの顎の上にいた、大きな目がついた黒い影のほむら。
そのほむらは、助けに来たまどかの手を取り、このように喋ります。
「ごめんなさい、わたし意気地無しだった。もう一度あなたに会いたいって、その気持ちを裏切るぐらいなら、そうだ、わたしはどんな罪だって背負える、どんな姿に成り果てたとしても!きっと平気だわ。あなたが傍にいてくれさえすれば。」
なんと、ほむらは魔法少女の姿を取り戻します。半魔女の場合、まだ魔法少女に戻れる希望があるようです!
そしてホムリリィの頭部に枝が広がり、一気に桜が満開します。
植わっていた彼岸花は消えて、桜が広がりました。
何故桜が咲いたかというと、桜の花言葉に「純潔(けがれがなく心が清らかなこと)」があるので、心が清らかになったほむらを表しているのだと思われます。
桜が満開した後、まどかとほむらのツインアローで出てくる紋章の魔女文字は訳すと
「DAS EWIG WEIBLICHE (永遠に女性的なるもの)」と書いてあり、ファウストで使われた言葉です。
ほむらは魔法少女に戻り、ツインアローにより近場のインキュベーターを壊滅させて、円環の理(まどか)が暁美ほむらを迎えに来て、ハッピーエンドになるかと思いきや・・・!?



くるみ割りの魔女の特徴をまとめると、
「半魔女」「ソウルジェムの中で魔女化」「人としての心が残っている」「魔法少女に戻れる可能性がある」
「記憶改竄」「通常では考えにくい因果」「大規模な結界と手下の軍勢」「段階を踏んで完全な半魔女化をする」
「魔法少女時の姿を色濃く残す」「手下から恥ずかしく思われている」「自身の処刑を望む」
など、一般的な魔女とは違った、不完全な魔女ならではの独特な特徴もありますね。
魔法少女に戻れる可能性がある点は、TVシリーズ9話でさやかを助けたい杏子が言っていた「最後に愛と勇気が勝つストーリー」を実現出来そうな特徴です。


では今回はこれで!
くるみ割りの魔女ホムリリィでした!
頭部が削げ落ちる前の「くるみ割りの魔女 ホムリリィ」の記事はこちら。
URL http://a-nima-figure.blog.so-net.ne.jp/2014-04-13
でわまた~(ぺこ)
nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 12

コメント 7

NO NAME

子供達も個別で記事お願いします[拍手][ケン]
by NO NAME (2014-05-17 20:51) 

ニトロ

最後のくるみ割り人形の魔女の上にいたほむらは魔女の作った偽物で最後にまどかと話したかったから作ったとか・・は、無いかw
by ニトロ (2014-05-24 15:55) 

アーニマ

☆NO NAMEさん
個別で作ります!きっと!

☆ニトロさん
偽物を作る能力まであるというのか!
でも結界内に真っ黒の影ほむらなら量産されていたから、出来そうかも?w
by アーニマ (2014-06-26 22:31) 

ら

ホムリリィは飛んでるんじゃなくて、
歯車の山と時計の針の触手で体を持ち上げてるのかと思ってた・・・

どうなんでしょ
by (2014-10-19 14:59) 

アーニマ

☆らさん
なるほどー、針や触手を足場にしているというより、自分を持ち上げているのですね。
ホムリリィはオクタヴィアが進行を止めてくるから、それから逃れるために自分を持ち上げたのかな?
by アーニマ (2014-12-01 10:42) 

れどみ

お久しぶりでございます!
フィギュアの方も数だけではなく飾り方や撮影の仕方にもこだわってて愛情を感じますねえ~(^∀^*)
いやぁ~、すごいです!
(ブラックマジシャンガールがかわいかったです)

ところで、この記事を見て思ったのですが、偽街の子供たち(クララドールズ)以外の手下たちは全員最初のアルファベットが「L」ですね。
くるみ割りの魔女の手下は5種類いますが、全員最初のアルファベットがそろっています。
これには何かわけがあるのでしょうか?「L」というアルファベットに何らかの意味があるとか?
私にはさっぱりです。
ですが、2種類以上使い魔がいる場合にはほとんどの魔女の使い魔は最初のアルファベットが同じですね。
例:薔薇園の魔女のアントニーとアーデルベルトは最初が同じ「A」
 お菓子の魔女のピョートルとポリーナは最初が同じ「P」
例外は人魚の魔女のホルガーとクラリッサぐらいでしょうか?
(ホルガーは「H」、クラリッサは「K」が最初につきます。時間軸の違い?)

それでは、今後もよろしくお願いいたしますー。
by れどみ (2016-03-20 22:21) 

アーニマ

☆れどみさん
お久しぶりです!
最近、魔女記事がないですがブログを読んで下さりどうもです!!
フィギュアキングダムも見ていただき嬉しいです!

言われてみれば!全員Lから始まりますね。
更に言われてみれば!薔薇園とお菓子も!!
これは素晴らしい発見ですね~気づいてなかったです。
これで手下の名前が分からなくても、とりあえず頭文字は分かる場合がありますね!
委員長の魔女の手下マテューはMから始まるから、ティーチャータイプもMから始まる!?とか!

これからも楽しく更新するのでよろしくです!
by アーニマ (2016-05-17 04:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0