So-net無料ブログ作成
スケールフィギュア・魔法少女まどか☆マギカ・マギレコ・魔女をメインに記事を書いています!

神浜大東団地 12号棟516号室に潜む魔女 [屋上の魔女]

どうも!
魔女記事第247回目、神浜大東団地に潜む屋上の魔女について書いていきます!
アーニマの記事作成画像1 - コピー (655).jpg

登場・・・マギアレコード「バイバイ、また明日 神浜大東団地の記憶」
主要キャラ・・・伊吹れいら、桑水せいか、相野みと
開催期間・・・2018年3月12日〜3月23日



私はこの団地が好きで・・・
公園での友達との楽しいおしゃべり・・・
夕方になると漂う美味しそうな匂い・・・
屋上から見渡す気持ちのいい景色・・・
ここは私の家・・・
ここは私の大切な場所・・・
だから・・・
私は・・・
(マギアレコード「バイバイ、また明日 神浜大東団地の記憶」より)



屋上の魔女
「バイバイ、また明日 神浜大東団地の記憶」に登場した、神浜大東団地の12号棟516号室に潜んでいた魔女。
その外見は「屋上の魔女 ステイシー」。
魔法少女が屋上の魔女と化したと思われる描写があるため、ここで登場する屋上の魔女は大本となる本体で、他のストーリーで登場する屋上の魔女は使い魔が魔女に成長したものだと思われる。
一番大きい棟でも各階15までなので、501~515号室までしかないのだが、特定の手順を踏んでいくと516号室は出現する。
ストーリー内でも「屋上」というワードはたくさん出てきて、屋上が舞台になっているシーンもたくさんあるため、屋上の魔女にピッタリなストーリーになっている。


バイバイ、また明日 神浜大東団地の記憶
アーニマの記事作成画像1 - コピー (657).jpg
れいら、せいか、みと、3人の初登場キャラで進んでいく期間限定イベントストーリー。
メインキャラ(いろは、やちよ、まどかなど)は出番無し。
途中で常盤ななか率いる魔法少女チームの会話が入るが、れいら達との関わりは無し。
最後に「そしてアザレアの花咲く」の主要キャラ3人組が登場し、れいら達と会うサプライズがある。
「バイバイ、また明日」のイベント形式がアザレアの時と同じ形式で、今回で2回目となり、3人組の設定も同じのため出会うようにしたのだろう。


神浜市大東区にある「神浜大東団地」
アーニマの記事作成画像1 - コピー (658).jpg
全60棟から構成され敷地内に商業施設も併設されている神浜市内でも屈指の巨大集合住宅である。


団地に併設されている商店街「団地中央商店街」
団地住民向けの商店街。
だが最近は近隣に大型スーパーが作られたこともあってすっかり寂れてしまった。
営業している店舗も数少なく大半はシャッターを下ろしている。


神浜大東団地には、魔法少女が住んでいた。
アーニマの記事作成画像1 - コピー (660).jpg
常盤ななかは、神浜大東団地の魔法少女と接触し「この団地には手出し無用」とキッパリと言われたという。
刺すような眼光、相手に緊張感を与える、強い光を持ち、同時にその光から、極限に張り詰めた彼女の心を感じたという。
そしてこうも言っていた。
「ここは私の家」・・・「ここは私の大切な場所」・・・
これはイベント冒頭のセリフと同じで、常盤ななかとの接触の様子から魔法少女ということは分かるが、誰のセリフなのかは分からなかった。
しかしイベントの最後の方で明かされる。


屋上の魔女の手下は餌を呼び込む
アーニマの記事作成画像1 - コピー (661).jpg
魔女の口づけを与えた人間を、人気の少ない団地中央商店街でうろつかせる。
よって魔女に操られていた人は不審者扱いされる。
あの人何をしているんだろう?と不審者扱いされている人が気になり、ついていくとは不審者は見通しの悪い曲がり角に歩き出す。
その角で待ち構え、「お前も餌・・・餌につられて餌になる・・・まとめて餌になる・・・!」と発言し屋上の魔女の手下と結界の入り口が現れる。
気になって後ろからついてきた人を釣り、巻き込んでいくスタイル。


屋上の魔女の結界にたどり着くのは難しい
アーニマの記事作成画像1 - コピー (656).jpg
まずは12号棟の5階にある、ちっちゃいバツの落書きを発見する。
発見するとバツの落書きはどんどん増えて結界が出来上がり、結界に取り込まれ「団地中央商店街」に飛ばされる。
魔女に操られていた人を見かけた場所と、向かった場所を調べるとバツの落書き発見。
結界と同時に、今度は使い魔も一緒に出てくる。
使い魔を倒すと、バツの落書きが一気に増え始め、また結界に取り込まれ「12号棟の屋上」に飛ばされる。
屋上から公園を覗くと地面に大きくバツが書かれており、引き寄せられた後、12号棟の514号室の近くに戻される。この時、屋上から地面に引き寄せられるので普通の人間だったら死んでいるはず。
この手順を踏んで12号棟に戻ると、ひとつ部屋が増えており幻の516号室が出現。
この516号室が、屋上の魔女が潜んでいる結界。


伊吹れいらは屋上の魔女に一度殺されている。
アーニマの記事作成画像1 - コピー (664).jpg
れいらは屋上の魔女に操られて、屋上から飛び降りて死んでいた。
操られた者は手順を踏んで結界に取り込まれていき、屋上までたどり着き、その身を投げるのかもしれない。
そのためか、れいらは操られていた時に魔女の居場所を見ていたという。
操られている人間には幻の516号室が見えるのだろうか?
れいらは魔法少女となり記憶を取り戻し、更に相野みとの固有魔法により516号室という本来なら在り得ない部屋・・・魔女の居場所を鮮明に思い出す。
ここまで奇跡を使ってようやく魔女の居場所のヒントを掴めるというのだから、身を隠すのがとても上手い魔女といえる。


神浜大東団地に住んでいた魔法少女は屋上の魔女と化した
アーニマの記事作成画像1 - コピー (663).jpg
神浜大東団地では、12号棟の515号室に住んでいる家族が失踪した事件がある。
父親と母親、ひとりの子供(中学生ぐらいの女の子)が姿を消した。
神浜大東団地の自治会のホームページに掲載されている動画にて、12号棟の515号室に住んでいた失踪した女の子が子供代表という立場で開会の挨拶をしているところが掲載されている。
その開会の挨拶では、常盤ななかが接触した魔法少女と同じセリフを言っていた。
動画に写っている少女と、常盤ななかが接触した魔法少女は同一人物の可能性が出てくる。
となると、動画に写っている失踪した女の子は魔法少女ということになる。
そして失踪した家族が住んでいた12号棟の515号室は、魔女が潜んでいた幻の516号室の手前の部屋である。
515号室の郵便受けの塗装が少し剥がれていて、それがバツのように見えることが後で分かり、バツ印は今回登場する屋上の魔女の特徴と一致。
失踪した後、家財道具はそのままで、特に荒らされた痕跡もないということから、515号室に住んでいた魔法少女が魔女化し、家族を結界の中に巻き込み、姿を消したのだと思われる。
結界の中で死んだ人間は永遠に行方不明扱い=失踪したことになる。
どんな理由で屋上の魔女と化してしまったのかは不明。
開会の挨拶の動画では最後に何を言ったのかは不明になっているが、「相野みと」は私なら「これからもずっとここに住みたいです!」と言うかなと発言している。
恐らく、動画の女の子も同じようなことを言ったと思われ、「ずっとここに住みたい」と思っていたからこそ、自分の住んでいた515号室の近くに結界を展開し、幻の516号室を作り上げ潜んでいたのだろう。
この516号室は普通にたどり着くことは不可能で、バツ印を辿って何度もワープしないと出現しない幻の部屋になっている。516号室の中は失踪した当時を表すかのように、本当に人が住んでいたような風景になっていたという。


「バイバイ、また明日 神浜大東団地の記憶」に登場した屋上の魔女は、単なる魔女の使い回しではなく、このイベントで発生した魔女ということが分かり、このイベントのために考えれた魔女としても見ることができる、素晴らしい内容だったことが分かりました!!
アーニマの記事作成画像1 - コピー (659).jpg



では続きに、「バイバイ、また明日 神浜大東団地の記憶」のストーリーをまとめるために書いたメモ書きを載せておきます。
良かったら続きからどうぞ!
  
れいら(赤)、せいか(青)、みと(緑)、幼馴染で3人仲良し!
アーニマの記事作成画像1 - コピー (671).jpg
何よりも大切な友達!
神浜大東団地 10号棟 305号室在住 伊吹れいら
神浜大東団地 31号棟 403号室在住 桑水せいか
神浜大東団地 25号棟 502号室在住 相野みと
れいらとみと2人はすでに仲良しで、せいかは引っ越しでやってきた。
せいかは人見知りが激しかったが、れいらとみとと話す際は例外で、普通に話ができるようになり仲良くなった。
れいら、せいか、みとは同級生との関係で悩みを抱えている。

れいらの同級生との悩み
同級生の頼みを断ったら、関係に荒波が立つ、それが怖いだけ・・・
私が代われば何も起きない
だったら、それでいいんだ・・・

せいかの同級生との悩み
昔から極度の人見知りでロクに他人と話すことができなかった
決して人嫌いとかではなく、誰かを目の前にするととにかく緊張してしまう性質で・・・
人見知りが頂点に達した時、せいかは鬼のように険しい顔をしているらしい・・・

みとの同級生との悩み
昔からいつもそうだった・・・普通にしているつもりでも周りから見ると変だって言われる・・・
天然だ!とか不思議っ子だ!とか言われて、いつも笑われる・・・
変なのってそんなに笑われたりからかわれたりするものなの・・・?

れいら、せいか、みとの3人組同士ではこれらの悩みを気にすることなく話ができる。

物騒なこと・・・団地の周辺で不審者の目撃情報がある。
大東区は確かに神浜の中でも治安が悪い所として知られているが、3人の住む団地はいたって平和だった。

3ヶ月ほど前、3人の住む団地で失踪騒ぎが起きた・・・。
いなくなったのは12号棟に住んでいる家族で、父親と母親、ひとりの子供が姿を消した・・・。
家財道具はそのまま・・・。
特に荒らされた痕跡もない・・・。
その家族はごくごく普通の家庭で経済的に困っていたわけでもなく取り立てて悪い噂もなかった。
でもある日、まるで煙のように家族全員が姿を消してしまった・・・。
その不思議な失踪はニュースとなり、3人はその当時も事件について話を聞かれたりもした。
ただ、一切面識がない家族で知ってることは聞いてくる人と大差なかったけど・・・。

団地に併設されている商店街「団地中央商店街」と呼ばれている。
団地住民向けの商店街だが最近は近隣に大型スーパーが作られたこともあってすっかり寂れてしまった。営業している店舗も数少なく大半はシャッターを下ろしている
れいらとみとと3人で話をしているときに魔力を感じたせいかは、れいらとみとと別れて魔力の元を追いに行くと、その場所は「団地中央商店街」だった。
最近目撃された男性の不審者を発見する。
不審者は昔駄菓子屋だった所の先を曲がっていった。
ついていくと不審者は曲がり角で待ち構えていた。
せいかが尾行している事に気づいていたようだ。
不審者「お前・・・お前も餌・・・餌につられて餌になる・・・まとめて餌になる・・・!」
屋上の魔女の手下と結界の入り口が現れ、不審者と言われていた男性は魔女の口づけを受けて操られていた。
気になって後ろからついてきた人を巻き込んでいくスタイル。
せいか「この団地で悪さをすることは、私が許さない・・・」
魔法少女に変身し、使い魔と戦い撃退。
そして、その翌日、ポスターに載っていた不審者が団地の商店街で保護されたという話が飛び込んできた・・・

ニュースは瞬く間に広だった。
不審者が何かをして捕まったというわけではなく、自ら保護を求めてきたという点も注目を集めた。
不審者・・・つまり、使い魔に操られていた人。団地の人で、4号棟の人だった。
自分が何をどうしていたのか、記憶がなかった。
そのため、茫然と彷徨っていた所、近くを通りがかった人に思わず助けを求めたという。
このことから、一連の不審者騒ぎはまさに「狐につままれたような話」として怪談話的に密かに広まっていったがひとまず収束していった
・・・しかし、この一件は口火に過ぎなかった・・・

アーニマの記事作成画像1 - コピー (666).jpg

・・・れいらとみとは、一緒に買い物に行った途中で、せいかっぽい人が団地中央商店街の方に入っていくのを一瞬見ていた。
せいかは不審者を尾行している時も、誰かに見られないよう警戒はしていたが、見られていた。
れいらとみとは商店街に行ったのかどうか、せいかに聞いてみるが・・・せいかは商店街に行っていないと誤魔化すものの・・・また魔力の反応を感知し、後味が悪い感じで2人と別れる。
「気にするのを気にしないようにしよう」

せいかは2人と別れた後、団地中央商店街に向かい、使い魔と戦っていた。
この商店街で使い魔の出現が続くので、もう少し調べようと思っていたところ・・・
れいらはやっぱり気になってせいかと別れた後、団地中央商店街に向かい、今度は商店街の中でせいかを見てしまったという。一瞬だったけど、今度は「確かに」せいかの顔を見たという。
せいかはれいらに気づき、見られないよう隠れたつもりだったが見られていた。
せいか「(みとや・・・れいらには絶対に教えられない・・・魔法少女の存在を・・・!)」
れいら「もし、私が見たのがせいかなら・・・できれば理由を・・・教えてほしいなって・・・」
せいか「やめて!」
せいかは勘違いだよと誤魔化すものの、3人の間に拭いきれない疑念を生みこの日はそれぞれ帰路についた・・・。

せいかが商店街にいた理由を聞くべきか、忘れるべきか、答えが見つからずに、れいらは苦しんでいた。
・・・そこに・・・謎の白い小動物が現れる。
・・・れいらが知らないもうひとつの世界の扉を開いてしまった夜だった・・・

キュゥべえから魔法少女の話を聞いて、これは夢なのかと考えたが、感じる全てがれいらに「これは現実だ」と教えている。
願いはあったが、それは自分でどうにかしないといけないこと、なので魔法少女になる事は断ったがキュゥべえは「その時」が来ればまたやって来るといい去っていった。
今、れいらが願うとすれば・・・「せいかとの関係を元に戻したい」

せいかは、れいらを説得するつもりだ。
とにかく、れいらから疑念を取り除かなくてはいけない・・・!
れいらが納得しれくれれば、みともきっとそれに同調してくれるはず・・・
魔法少女なんて知らなくていいの・・・!
れいらとみとを巻き込みたくない、自分だけが全部を抱え込めばいい・・・

しかしれいらは、キュゥべえと契約することを決めた。
この決断は逃避だ・・・せいかと向き合うことからの・・・話し合って理解することからの・・・
でも・・・私は「願い」にすがった。すべてを円満に解決してくれる可能性に・・・
「今、せいかとの間にある、何か・・・モヤっとした感じを消したくて・・・何ていうか・・・とにかく・・・せいかと元通りになりたいの!」
しかし、その叶えられた結果というのが・・・記憶を取り戻すというものだった。
れいらの頭に突然いろいろな景色が見えてきて、記憶を失っていたことが分かった。
実はれいらは、魔女に操られて、屋上から飛び降りて死んでいたのだ。
それを救ってくれたのが・・・せいかだった。
せいかがキュゥべえに願って・・・れいらを生き返らせた。
「れいらが飛び降りたこと、全部無しにして!れいらを・・・生き返らせて!」
願った後、れいらは全てを忘れていて、みとは何が起きたのか知らない。

アーニマの記事作成画像1 - コピー (669).jpg


れいらが魔法少女になってしまったことに、せいかは怒る。
れいらに自分が死んでしまう記憶を思い出してもらいたくなかった。

2人の魔法少女姿を見たみとは混乱し・・・更に、みとはもうすぐ引っ越しをしてしまうということを2人に告げる。
みとが団地を去ってしまう・・・そのことが3人の気持ちを更に重たくする。

れいらには3つの悩みがある・・・
せいかのこと、みとの引っ越しのこと・・・そして記憶が戻った時の景色。
れいらは魔法少女になったことで記憶が戻った。
その時に浮かんだ景色、おそらく魔女に操られていた時の景色・・・。
でも、まだ何か引っかかっている・・・

せいかとれいらは2人で使い魔と戦うが、その戦いでれいらの腕が折れてしまう・・・が、自然治癒の如くすぐに治った。これについてキュゥべえに問うと、自分達の体は魔力で修正できる、ソウルジェムが命、などの恐ろしい真実を聞かされる。
れいらは大泣きしてしまう。
「(ごめんなさいお母さん、生んでくれた体を・・・本当にごめんなさい・・・)」
「(せいか・・・ごめん・・・あんなに隠していたことを私は結局暴くような真似をして、それに救ってくれた命を・・・私は・・・私は・・・!)」
こんなことになってしまったお母さんへの申し訳なさ・・・
せいかの気持ちを本当に理解できていなかった自分の愚かさ・・・
悪魔のような契約を持ち掛けていたキュゥべえの恐ろしさ・・・

せいかはれいらを助けたつもりだった・・・でも結果としてれいらを死ぬよりも酷い目に遭わせてしまっているんじゃないか・・・。
普通の体じゃない、それが自分に起きたことだからじゃない、れいらの身に起きてしまったことが・・・

みとはれいらとせいかの間をどうにかしたい・・・
ただ、起きてることが魔法少女とか魔女、それが原因でれいらとせいかがおかしな関係になり、自分の力だけじゃどうにもならないかなと思い始める。
2人だけに魔女との戦いだなんて大変なこと押し付けられない。
だから自分も魔法少女になるべきだって・・・ふたりは怒るかもだけど・・・私の気持ちはもう決まっていた。これが私なりに必死に考えたこと・・・そして出した答えっていうのが・・・!
『心を繋げる力』
心と心を繋げる力が欲しいと願った。
みとまで魔法少女になったことにショックを受けていたが、れいらとせいか・・・せいかとれいら・・・2人の心を繋げることによってお互いの本当の気持ちを言うことができ、れいらとせいかは仲直りし、3人の関係はみとの願いにより復活。
ちなみにキュゥべえの心とも繋がろうとしたが、キュゥべえは真っ暗闇で何も分からなかったという。

使い魔ばかり倒しているが、親となっている魔女はどこにいるのか・・・
魔女の居場所、それはれいらが知っているという。
れいらが見たことを辿れば分かるとキュゥべえは助言をする。
「魔女の居場所」「れいらが見たこと」
れいらは操られていた時、魔女の居場所を見ていたのだ。
そこで、みとの力を使い、みととれいらの心を繋げて引っかかってるとこを見つけて欲しいと頼む。
・・・向かっているのは12号棟。
・・・階段を上って・・・『516号室』
最後に部屋番号が浮かんだ。
しかしそれは有り得ないとせいかは否定する。
なぜなら、一番大きい棟でも各階15部屋まで・・・だから516号室は存在しないはず。515までのはず。
だが魔女の世界は何があっても不思議じゃない・・・そこに潜んでいるのではないか。
自分達のように振り回される人を増やしてはいけない・・・魔法少女になった3人で、団地の魔女を倒すことを決意する。

やっぱり案内図に516号室は存在しない。
せいか・・・他の棟の屋上では使い魔も出ているので、先にこの棟の屋上へ行ってみたほうが。
→屋上ではいくら調べても何も無かった。
みと・・・この場所に気になるところがあるけど、勘違いかも?
→みとの勘を頼りに5階を調べると・・・ちっちゃいバツがついている、落書きがあった。
アーニマの記事作成画像1 - コピー (670).jpg
それだけか・・・と思いきや、バツの落書きは他の場所にもあった。
他にも他にもいっぱいっていうか・・・なんとバツの落書きはどんどん増えていった。
そして結界が出来上がり、3人は結界に取り込まれてしまう。

結界に取り込まれると商店街に・・・「団地中央商店街」の場所に飛ばされていた。
みと・・・12号棟に戻ってみたい、普通に戻れたら結界じゃないってことに。戻れなかったら結界。
→普通に戻れた。この後改めて12号棟を調べたがバツの落書きは見つからず。
れいら・・・この場所で不審者の人と使い魔を見たから、もう少しここを調べてみたい。
→不審者だと思われていた人を見かけた場所と、向かった場所を調べるとバツの落書き発見。
するとまた結界が出現するが、今度は使い魔も一緒に出てきた。

使い魔を撃退すると、バツの落書きが一気に増え始め、3人はまた結界に取り込まれて別の場所に飛ばされる。
今度は屋上に飛ばされた3人。
れいら・・・どこから探すか、あの給水塔とか?目立つし・・・。
→給水塔の裏に大きなバツの落書きを発見、結界が出現し、12号棟に戻される。
もう一度バツの落書きを探しても、もう落書きは消えていて追えなくなる。
せいか・・・商店街で見た人は魔女に操られ、そして屋上・・・魔女に操られていたれいらを思い出し屋上の外周が気になる。
→隣の棟に11と書いてあることから、ここは12号棟の屋上という事に気づく。ということは、この下は公園になっているはず・・・屋上から公園を覗いてみると・・・地面に大きくバツが書かれている!
その大きなバツを見ていると・・・下に引き寄せられる!!引き寄せられた後、12号棟の514号室に戻される。

また振り戻しに戻ったかと思いきや。
515号室・・・516号室・・・!
さっきは無かったのに、ひとつ部屋が増えていた。
アーニマの記事作成画像1 - コピー (662).jpg
道順が合っていたことになる。
不法侵入にならないかなどの茶番で心を落ち着かせた後、部屋に入ってみることに。
この中に魔女が・・・!
516号室の中は荒れていた。
間取りがみんなの部屋と同じ、団地の部屋だけど、結界・・・。
本当に人が住んでいた感じがある。
部屋の奥に行ってみると、まとわりつく嫌な雰囲気・・・使い魔の時と似ているけど、比較にならないくらい・・・重くのしかかってくる!
そして足元には、バツ印!どんどん増えていく!
団地の魔女のお出まし!

どうにか3人は魔女に勝つことができた。
この直後・・・キュゥべえが現れ、魔女が落としたグリーフシードについて説明を受ける。
ソウルジェムの魔力を回復し、キュゥべえに質問をしようとすると、キュゥべえはその場からいなくなっていた。

まだまだ気になることだらけ。
特に・・・「12号棟」のことだ
3人が向かった12号棟は・・・
失踪事件があった棟だ・・・
私はその不穏な事件が恐ろしく、当時から報道されていた程度の情報しか耳に入れてなかったけど・・・
気になって、12号棟のどの部屋の家族が失踪したのかを母親に尋ねた。
すると・・・515号室の家族が失踪したということが分かった。
515号室は、魔女が潜んでいた516号室の手前の部屋である。
515号室の郵便受けの塗装が少し剥がれていて、それがバツのように見えることが後で分かった。
不審者って言われていた人も団地に住んでいる人だった。
失踪事件と魔女が関係しているのかもしれない。

神浜大東団地の自治会にはホームページがある。
自治会長が半分趣味で作ったもので、最近は更新もあまりされてないけど・・・
ただ、そこに掲載された動画に失踪した家族の子供が映っていたことを思い出した。
これは当時の報道でも使われ今でも検索をすれば転載された動画を見ることができる。
内容は団地でのお祭りの冒頭・・・その子は子供代表という立場で開会の挨拶を任されていた。
3人と同い年くらいの女の子・・・終始笑顔で、とても楽しそうに映っていた。
周囲の騒音で所々聞き取りにくかったが、こういった挨拶だった・・・。
『私はこの団地が好きで・・・』
『公園での友達との楽しいおしゃべり・・・』
『夕方になると漂う美味しそうな匂い・・・』
『屋上から見渡す気持ちのいい景色・・・』
『ここは私の家・・・』
『ここは私の大切な場所・・・』
『だから・・・』
『私は・・・』
最後は拍手も混じりほとんど聞こえなかった。
女の子が、最後の『私は』の後何て言ったのかは分からないが・・・
みとは自分だったらこう言うと2人に伝える。
「これからもずっとここに住みたいです!」
・・・みとはこの後、引っ越しをするのだ。
アーニマの記事作成画像1 - コピー (667).jpg


でも、引越し先は同じ神浜市内。
それでも寂しいけど、遊びにくれば、またここで集まれる!
バイバイ・・・また明日!


アーニマの記事作成画像1 - コピー (668).jpg

nice!(7)  コメント(2) 

nice! 7

コメント 2

お名前(必須)

屋上の魔女は、このイベントを想定してたのかってくらいピッタリだったねぇ
それまでは、使い魔がセクハラしてくるイメージが強過ぎて、正直ネタ寄りの印象だったw

団地イベントは、あえて喋らせなかったキュゥべえが良い味出してたなぁ
新BGMによる盛り上がりも手伝って、終始不気味さを帯びていたストーリーは、個人的にも結構好みだったや
by お名前(必須) (2019-03-03 22:05) 

アーニマ

ほんとピッタリで、屋上の魔女の株が上がるイベントでしたね!
砂場と羊にもピッタリなイベントがいつかあればいいなあ。

使い魔がセクハラwそのイメージは言われるまで無かったですw
確かに不審者(男)を操って女子中学生をおびき寄せていたのでセクハラしているかもしれませんねw

キュゥべえは相変わらずチャンスあらば契約に迫っていて、魔法少女の秘密について3人と会話をしたシーンもあったようですが、「キュゥべえはこう言っていた」的な回想シーンでしたね。
更に最後は3人の前に姿を現さなくなったりと、本当に良い味を出していましたね・・・もしかしてマギウスの翼が活動を始めて、神浜市内のキュゥべえが消え去ったのかもですねw

新BGMによる盛り上がりは激しく同意!!
商店街で屋上の魔女が出てきた時のBGM大好きです!
あと516号室に入るシーンはプレイしている自分も緊張したし、516号室の風景が怖かったのでほんと良い意味で不気味で・・・同じく好みのイベントでした!
by アーニマ (2019-03-04 00:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。