So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
横浜から東京に引っ越しました!新生活スタート!

犬の魔女 ウーアマン マギレコに登場! [犬の魔女]

どうも!
魔女記事第233回目、犬の魔女「ウーアマン」です!
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (289).jpg

性質・・・渇望
登場・・・マギアレコード 魔女・ウワサ一覧#151
原案・監修:劇団イヌカレー


誰からも誰よりも愛されたくてしょうがない犬の姿をした魔女。
その結界内に入った人間はこの魔女に関心を抱かざるを得ない。
この魔女を倒したくば偽りの愛をもって示せ。
(マギアレコード 魔女・ウワサ一覧より)


マギアレコードに犬の魔女が登場!
原作出身の魔女だが、設定のみで未登場。魔女図鑑でも外見が「?」扱い。
しかしプロダクションノートでその姿を確認でき、イヌカレーさんは「本編には未登場ですが、デザインも決まっていました」とコメントしていた。
デザインがついに生かされたのか、プロダクションノートとほぼ同じ設定でマギレコに登場。

犬の魔女が初登場したイベント
「百江なぎさは願いを叶えた」ストーリークエストBATTLE12で登場。
チャレンジクエストの方での登場も期待していたのだが、チャレクエでは登場しなかった。
犬の魔女は闇属性で登場した。

犬の魔女の魔法少女時代も判明
伊津見尹縫(いつみ いぬい)
「ショウさんは絶対に悪いことなんかしてないの!」
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (324).jpg
↑ショウさんという男性の人物に好意を抱く魔法少女。
ショウさんの都合ばかりを優先し、魔法少女の本分であるはずの魔女狩りが停滞している。
そのショウさんが「夢遊の亡霊」の標的になっているのではないかと心配になり、夢遊の亡霊を探し求める。
その夢遊の亡霊は「ユゥ」とういう魔法少女で、「人格を忘れ、歳をとることも死ぬことも忘れ現実と夢の境目が分からなくなった魔法少女」。ユゥは悪い人が書かれたリストを持ち歩き、そのリストに書かれている人間は魔女同様に狩る。
リストにはショウさんの事が書かれているようで、やはり抹殺の対象になっていた。
伊津見尹縫はユゥを説得しようとするが、常識も道理も通じない相手に説得は不可能だった。
なので戦いを挑むが、ユゥの恐るべき生命力と執拗さに伊津見尹縫は敗北。
敗北した後、肉体の損傷以上に激しい精神の消耗により魔女化。
魔法少女は魔女になることを知っている言葉を最期に残し、犬の魔女と化す。
「いぬい」っていう名前もジワジワくるなあ。

ショウさん
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (354).jpg
まさかの、アニメに出てきたショウさんである。
美樹さやかが電車の中で遭遇するホスト2人組のうちの1人。
伊津見尹縫が好意を寄せているショウさんは恐らく、アニメに出てきたショウさんと同一人物。
ちなみにショウさんというのはあだ名らしく、本名は別にあるらしい。
「ほんと女は人間扱いしちゃ駄目っすね。犬か何かだと思って躾けないとね。」
「テメェみてぇなキャバ嬢が10年後も同じ額稼げるのかってぇの。」
この会話シーンから、ショウさんがユゥに狙われるのも頷ける。
キャバ嬢という発言から、なんだか鳥かごの魔女をイメージさせる発言があったホスト。
しかし犬という発言もしており、犬の魔女も連想していたとは盲点だった。
女性を犬扱いするショウさんを慕う伊津見尹縫が犬の魔女になる・・・こんな繋がりがあったとは驚きである。

性質は渇望
渇望の意味は「のどのかわいた人が水をほしがるように、心から願望すること。待ちこがれること。」
伊津見尹縫がショウさんを慕っている部分が「渇望」といえるのかもしれない。
犬の魔女の尻尾にしがみついている人型の何かが、慕っているからしがみついているように見える。

アフロの魔法少女は犬の魔女ではなかったのか・・・?
まどか☆マギカ 魔女 - コピー (232).jpg
↑伊津見尹縫(いつみ いぬい)外見の詳しいデザインは不明で、緑色のシルエットしか表示されていない。昔、犬の魔女の記事を書いていた時のアーニマの予想では「ワルプルギスの夜の手下として登場するアフロの髪型をした影魔法少女」が犬の魔女の魔法少女時代なのかと思っていたが、伊津見尹縫の外見を見る限り髪型などが一致せずどうやら違うようだ。
まあ確かに、お菓子の魔女らしき特徴を持つ影魔法少女も、お菓子の魔女の魔法少女時代である百江なぎさとは外見が異なっていた。
お菓子の魔女に続き、犬の魔女の魔法少女時代でもなさそうな影魔法少女の外見は、いつの時代の、誰がモチーフなのかはますます謎になっていくばかり。

犬の魔女が人間だった頃、児童虐待説があったが・・・
まどか☆マギカ 魔女 - コピー (233).jpg
誰からも愛されなかったとあることから、児童虐待を受けていたことが予想されていたが、虐待を受けている設定は百江なぎさにあった。
母親に愛されなくなった百江なぎさが犬の魔女に戦いを挑むことになるとは、なんという繋がりなのだろうか。
また、百江なぎさ以上に虐待を受けていた「千歳ゆま」の魔女化した姿ではと予想したこともあったが、違うことも明らかに。

この魔女を倒したくば偽りの愛をもって示せ
まどか☆マギカ 魔女 - コピー (231).jpg
偽り・・・本当でないこと。うそ。
偽りの愛をもっているキャラクターとしては「美樹さやか」が該当する。
そしてコミカライズ版ではウーアマンの外見をした使い魔を美樹さやかが狩っている。
魔女ではなく使い魔を狩っているのだが、犬の魔女と戦うのに美樹さやかは相応しいと言える。
何故なら、さやかには偽りの愛があるから。
さやかは魔法少女になることで、好意を抱いている恭介の手を治したが、恭介から見返りを求めていないつもりだった。
正義の味方として魔法少女になったつもりだったのである。
しかし仁美に恭介を取られそうになっている際、あのとき仁美を助けなければ良かったと思い始めたり・・・恭介と仁美が上手くいってるシーンを物陰に隠れて見た後、嫉妬で犬の魔女の手下を八つ当たりのように滅多切りにしている。
さやかは恭介から恋愛面での見返りが本当は欲しかったといことが分かる。
見返りなんて要らない!でも仁美に恭介を取られる際、自分の本当の心に気づいた。
本当は見返りが欲しかった!願いで手を治した恭介と恋人になりたかった!
本当ではない愛=偽りの愛を持っていた美樹さやかにピッタリな相手といえる犬の魔女と手下だった。

百江なぎさは偽りの愛を持たなかった故に負けた?
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (322).jpg
↑犬の魔女の結界が背景になっている、百江なぎさのイベント挿絵。
百江なぎさは犬の魔女と戦うことになるが、力及ばず敗北する。
キュゥべえは犬の魔女について「思いのほか強力な魔女になってくれたようだね」「エネルギー回収としては満点なんだけど」と言っているので、まだ魔法少女になったばかりの百江なぎさは普通に力負けした可能性もある。
では百江なぎさに偽りの愛があったかというと。
百江なぎさにとって愛を向ける相手といえば母親だろうか。
昔みたいなお母さんに戻って欲しいと思っていたなぎさ。
しかし犬の魔女と戦う直前、百江なぎさの母に対する気持ちに「愛」はなく「偽りの愛」もなかった。
「お母さんがなぎさを無視するから!」
「お母さんがなぎさに押し付けるから!」
「お母さんがなぎさを嫌うから!」
「なぎさは恩を着せるためなら」
「後悔させられるならなんだってやるのです!」
「魔女にお母さんを殺させたりしないのです!」
「なぎさが助けるからお母さんは死なないのです!」
「なぎさが願わなかったからお母さんはしんじゃうのです!」
心まで酷い有様になった母親の病気を治すことを諦め、母親に後悔させることを選んだ百江なぎさ。
母親の酷い有様を見た後でも「昔の母親に戻って欲しい」という偽りの愛が残っていたら、犬の魔女を倒せたのかもしれない。
犬の魔女との戦いで気絶した百江なぎさだが、後からやってきたユゥによって犬の魔女は倒される。
ユゥは夏のイベントで登場した「波打ち際のリボン」で登場したキャラ。
偽りの愛を持っていたから倒せたのか?それとも圧倒的な力で倒したのか?



では続きに、マギアレコードで登場する犬の魔女がどんな攻撃をしてくるか紹介していきます。
良かったら続きからどうぞ!
 

☆☆ 犬の魔女 ウーアマンがマギアレコードにまさかの登場! ストーリーの繋がりも素晴らしい ☆☆


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ