So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
横浜から東京に引っ越しました!新生活スタート!
2018年11月09日| 2018年11月10日 |- ブログトップ

お菓子の魔女 シャルロッテ マギレコに登場! [お菓子の魔女]

どうも!
魔女記事第235回目、お菓子の魔女「シャルロッテ」です!
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (367).jpg


性質・・・執着
登場・・・マギアレコード 魔女・ウワサ一覧#153
原案・監修:劇団イヌカレー


欲しいものは 全部。絶対に諦めない。
お菓子を無限に生み出せるが、大好物のチーズだけは自分で作ることができない。
チーズさえ持っていれば簡単に隙をつくことが出来ただろう。
(マギアレコード 魔女・ウワサ一覧より)


お菓子の魔女シャルロッテがマギレコに登場!
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (366).jpg
リリースされたばかりの頃は、原作登場魔女は「委員長の魔女」だけだったが。
今では「薔薇園の魔女」「犬の魔女」「お菓子の魔女」と原作出身魔女も登場してきて嬉しい!
シャルロッテの公式の説明文は変わらず、そのまま。
しかし手下のピョートルの説明文はマギレコオリジナルになった。

お菓子の魔女が登場したイベント
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (406).jpg
マギアレコードのレイドボスイベント「神浜チーズパニック!」にて登場。
ストーリー上では百江なぎさとシャルロッテが共存している愉快な展開から始まり、重い話は無くギャグ展開のようなストーリー。
自分の魔女化した姿を自分で「元なぎさ」と呼んでいるところがとても面白い。
開催期間は11月9日17時~11月12日14:59までという、短い期間のレイドボス。
この期間が終わった後も活躍があることを期待したい。

ピョートルをタッチすると、マップにお菓子の魔女が出現
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (407).jpg
↑自分で見つけたお菓子の魔女に加え、救援要請のお菓子の魔女も表示されるのでマップがお菓子の魔女だらけになっていく。
マップ上での待機モーションはピョートル同様に可愛く、体を延ばしたり、左右に振らせたり、跳ねたりと見ていて楽しい!

お菓子の魔女の属性は火・水・木・光・闇、全て登場した。
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (375).jpg
各属性によって使うスキルなどの特徴が異なる。
火属性は確率でカウンター
水属性はディスペル&確率でスキル不可
木属性は敵全体に確率で毒、状態異常の相手にダメージアップ
光属性はブラストダメージアップ、敵単体に確率で霧
闇属性は必ず防御無視の攻撃
全属性共通のスキル「ピーカーブー(確率でスタン、ブラストダメージダウン、攻撃力ダウン)」が強力。
また、一部「攻撃力UP%クリティカル&防御無視」のスキルを使ってくる。

レイドボスお菓子の魔女のHPは最大650万!
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (412).jpg
↑レベルによってHPに差があり、最初はHPが低かったものの最後はとんでもないHPの個体が現れる。
Lv35・・・HP400000
Lv50・・・HP600000
Lv55・・・HP650000
Lv60・・・HP900000
Lv65・・・HP1000000
Lv75・・・HP1500000
Lv80・・・HP3200000
Lv90・・・HP6500000
RP(レイドポイント)を消費して戦う。
RPはピョートルをタッチで入手することができ、そのピョートルも無限に湧いてくるので基本的にはRPは無くなることはなく永遠と戦える。あってないようなポイントだw
一度の戦闘は5WAVEで、それまでに倒せなかった場合は再戦、救援を送ることができる。
Lv90は一度の戦闘で倒すのは不可能で、さすがレイドボスといったところである。
今までボスをマギアなどでワンパンしてきた身としては、こんなに戦い甲斐のある相手が出てきて嬉しい限り。
いくら火力をインフレさせて全力でコネクトしてもスキル発動してもマギア発動しても、倒れない相手というのは良い意味でサンドバックである。
しかしスキル「ピーカーブー」が厄介で、効果は「確率でスタン、ブラストダメージダウン、攻撃力ダウン」。
スタン状態になってしまうとコネクトやマギアができない場合があり、全力を出し損ねてしまうため運が絡んでくる。

「神浜チーズパニック!」のストーリーを箇条書きでまとめてみる。
百江なぎさについて
・皆さんご存知、お菓子の魔女シャルロッテは百江なぎさが魔女化した姿。
・ようやく着いたのです!着いた場所が、何故か鏡の魔女の結界入り口前?
・こっちの宇宙のなぎさはもう魔女化してしまっていた
・まあ、なぎさがふたりになるのも面倒なのでそれならそれでいい
・あちこちで元なぎさが湧いている理由は、なぎさが他の宇宙から割り込んできた影響?
・ただっ広いところで漂ってた
・生身の魔法少女として復活したらいきなり自分の魔女の駆除
・円環の理の一部だった
・何億何兆っていう魔法少女達の一部だった
・魔女化してなぎさの魂はとっくに消滅
・あの世から舞い戻ったなぎさ
・この魔女と戦うにはみんなの力が必要、なぎさは、そのために、この地上へ舞い降りた
・あの魔女を倒すことこそがなぎさの使命
・実はなぎさは・・・チーズの天使なのです!マジカルチーズ大天使エンジェル(笑)(耳を傾けさせるために言ったでまかせ!)
・天使の証拠にピンク色のキュゥべえ
・全てはチーズのために!
・自分の正体を明かすことで神浜の魔法少女たちの気持ちを一つにすることに成功
・そこまで話してしまうのもどうかと思ったのですが・・・今は神浜が大ピンチな訳ですし関係各所への言い訳は後でどうとでもなるのです!

魔女の特徴
・元なぎさの魔女
・魔力反応数がやばい、神浜中のあちこちでなぎさが湧いている
・普通の魔女よりもすごい勢いで数が増える
・うっかりすると強い魔法少女でもやられちゃう危険が・・・危ない魔女がわらわらと湧き散らしている
・こうなってはもはやただ戦ってもダメ
・根絶やしにするには作戦が必要
・大勢で休む間もなく連続で攻撃し続けるのが重要
・いきなり再生されて隙をつかれないように
・増殖スピードの高い再生魔女
・一網打尽にする作戦、おいでよ神浜☆チーズパーリィ
・効率よく狩るには一か所に集めて叩く、そのためのパーティ
・元なぎさだから、チーズで誘える
・ようこそ神浜☆チーズ地獄
・集まった元なぎさは、神浜の魔法少女達と力を合わせて全部倒した

戦いの後
・いい戦いっぷり、円環の理にも、伝わったと思う
・桃色のキュゥべえの目を通して
・突然のイレギュラーな魔女問題はなぎさのおかげでなんとかなった
・これは勲章もの
・なぜ円環の理はなぎさを神浜へ向かわせたのか
・円環の理は何を望んでいるのか
・神浜の調査だけなら、なぎさより向いている魔法少女がいる
・円環の理から外れた宇宙、神様も知らない、定まらない未来
・円環の理でなぎさが目覚めた時に聞いた声、あれはまるで人間みたいだった
・魔法少女だったなぎさが力尽きた時に、なぎさを円環の理へ迎えに来た「誰か」もまるで魔法少女みたいな姿をしていた
・円環の理が、人間、魔法少女で在ろうとしているのか?
・今だってこうして話かけているのも、円環の理に人格があると思っているから
・とりあえずなぎさの自由を確保
・円環の監視付き旅行はここまで、と言い桃色のキュゥべえを破壊
・なぎさが神浜へ遣わされた意味、それはきっと、この宇宙を円環の理に統合するのとは真逆
・円環の理が欲しかったものは、まだ決まっていない白紙の未来
・たとえその未来のせいで宇宙がバラバラに砕けても!なぎさだったら気にしない!
・なぎさだったら円環の理とも敵対するし神様だって裏切れる、だからこそ、円環の理は無意識になぎさを選んだはずなのです!
・人間がより人間らしくあるためには未来は未知でなくてはならない
・百江なぎさは円環の理の中に在る人間性を守るため空前のトリックスターとしてこの神浜へ送り込まれた
・目的は円環宇宙への統合阻止
・そうと決まれば、さっそく神浜観光へ繰り出す


箇条書きでまとめた後、色々考えた事を書いていきます。
予想であり、まだまだ不明点は多いですが自分なりの考えを。


なぜ百江なぎさとシャルロッテが共存している?
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (413).jpg
「マギレコの世界の百江なぎさ」と「円環の理の百江なぎさ」
「こっちの宇宙のなぎさはもう魔女化してしまっていた」と言っているところから、マギレコの世界での百江なぎさが魔女化した後に、別の宇宙(円環の理)から円環マギアタイプの百江なぎさがやってきたということか?
「なぎさがふたりになるのも面倒なのでそれならそれでいい」と言っているあたり、マギレコ世界での百江なぎさがまだ魔女化していなかった場合、百江なぎさが2人いるなんてことも有り得るようだ。


なぜシャルロッテが大量発生している?
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (405).jpg
シャルロッテの特徴により大量発生していると思われる。
普通の魔女よりもすごい勢いで数が増える、増殖スピードの高い再生魔女。
この特徴なら大量発生も納得だが、アニメ第3話ではマミさんがマミられた後、ほむらによってすぐシャルロッテは倒されたため増殖する前に倒された。
実際、ほむらがシャルロッテに連続爆撃を仕掛けた際、シャルロッテの口からシャルロッテが何体も出てきていた。
基本的にシャルロッテは生まれた後、すぐに倒される運命だったので増殖することは無かったと言える。
しかし女神さまの知らないマギレコの世界では生き延びていたようで、その間に増殖してしまったことが予想される。
これには女神さまもビックリで、百江なぎさを神浜に向かわせる結果になったのだろう。


なぜ見滝原で生まれたお菓子の魔女が神浜に?
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (414).jpg
↑使い魔ピョートルの説明文を読むと神浜にやってきた理由が分かる。
「見滝原という場所からチーズを探すため神浜までやって来た。」
これはシャルロッテも同様なのではないかと思われる。
見滝原ではチーズが見つからなかったため、ついに神浜までやってきたのだろう。
性質の執着からして、チーズを手に入れるためなら同じ場所に留まらず移動して探していくタイプというのも納得する。


百江なぎさが選ばれ、生身の魔法少女として復活した理由は?
その理由は2つあるのかもしれない。
その1 突然のイレギュラーな魔女問題?
シャルロッテはどのレコードでも生まれてすぐ倒される運命だったはずが、マギレコの世界ではマミさんと戦うこともなく、ほむらに倒されることもなく、生き延びて神浜に来て増殖をしていた。
女神さまはこのイレギュラーな魔女問題を確認し、解決するために百江なぎさを円環の理から仕向けることによって、円環のなぎさは生身の魔法少女として復活。
百江なぎさでないと今回の魔女問題を解決できないと判断した理由は、相手がなぎさの魔女化した姿だから。
実際、なぎさは「元なぎさだから、チーズで誘える」という他の魔法少女では思いつかない方法を使い、チーズで誘い増殖したシャルロッテを一か所に集めて一網打尽にすることができた。

その2 女神さまを人間らしく、少女の人格でいさせるため?
円環の理が欲しかったものは、まだ決まっていない白紙の未来。
このマギアレコードの世界の未来。
悪い未来だったらレコードを割らないといけない女神さま。
しかし人間がより人間らしくあるためには未来は未知でなくてはならないようだ。
百江なぎさは円環の理に人格があると思っている。
百江なぎさは円環の理の中に在る人間性を守るためこの神浜へ送り込まれたのではないかと思い始める。
百江なぎさは円環の理の人間性を守るためなら、決まっていない未来を知ることを求める円環の理とも敵対するし、神様だって裏切れる。
だからこそ円環の理は無意識になぎさを選んだのでは。
たとえその未来のせいで宇宙がバラバラに砕けても、なぎさだったら気にしない。
よって、目的は宇宙への統合阻止。
このマギレコの世界の宇宙は円環の理へ統合させず、どうなるか分からないままにしておこう、ということなのだろうか?
女神さまと百江なぎさで目的にズレがあるようだが・・・そのため、役目を終えても円環の理に帰ることなく、桃色のキュゥべえを破壊し、神浜観光へ繰り出すようだ。
きっとこの百江なぎさの行動が、鹿目まどかが神になっても少女の人格であり続ける理由の一つになるだろう。


桃色のキュゥべえは一体?
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (411).jpg
↑監視機能付きのハイテクなキュゥべえの姿をした何かを円環の理が仕向けたもののようだ。
桃色のキュゥべえの目を通して、戦いっぷりを円環の理に伝えていたようだ。
桃色なのは、まどかのイメージカラーがピンク色なのを意識しているのか?
シャルロッテを全て倒すところは監視付きでも良かったようだが、ミッションをクリアした後は「なぎさの自由を確保」「円環の監視付き旅行はここまで」と言い桃色キュゥべえを破壊。
この行動こそが、円環の理とも敵対するし神様だって裏切れるという証拠なのかもしれない。


そして今回のイベントは円環の理に関することなので、もう一つのイベント内容もまとめておきたいと思い、1周年記念で公開された「女神さまと不思議なレコード」についても少し書きます。


女神さまと不思議なレコード
女神さま(アルティメットまどか)は過去と未来、この宇宙の全てを知り、全ての魔法少女を知っていて、それらは数えきれないほどのレコードになっており、全てを分け隔てることなく聞いている。
そんな女神様が生まれて初めて知らないレコードを見つける。
初めて見つけた知らないレコードには、初めて聴いた知らない魔法少女の歌声、初めて気づいた知らない溝に刻み直された跡があり、干渉しようとしても女神さまの歌声はそのレコード盤には刻まれない。
そしてこのレコード盤は作り続けられている最中で、レコードの終わりを聞くことができず。
刻まれている途中の歌声に無理に声を重ねてしまえば、行方を見失ったレコード盤が壊れてしまうかもしれないから、女神さまは知らないレコードを見守ることにした。
それでもこれが悪いレコードなら、割らないといけない。
このレコードが完成する時、女神さまはこのレコード盤を割ってしまうのか、祝福の歌声を重ねるのか。それは女神さまにも分からない。
その知らないレコードこそが、「マギアレコード」の世界。


まとめると・・・
円環の理に叛逆する百江なぎさ!!
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (410).jpg


これらが今回のイベントの疑問点に対する考えです。
難しいですね。


では続きに、お菓子の魔女シャルロッテの攻撃方法についてまとめてみたので良かったらどうぞ!
 

☆☆ お菓子の魔女 シャルロッテ マギアレコードに登場! 攻撃方法を紹介! ☆☆


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

お菓子の魔女の手下 ピョートル マギレコに登場! [お菓子の魔女]

どうも!
魔女記事第234回目、お菓子の魔女の手下「ピョートル」です!
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (362).jpg

役割・・・チーズを探すこと
登場・・・マギアレコード 魔女・ウワサ一覧#154
原案・監修:劇団イヌカレー


お菓子の魔女の手下。その役割はチーズを探すこと。しかし過度な期待は禁物。
見滝原という場所からチーズを探すため神浜までやって来た。
その顔面はスタンプとなっていて、とりあえず動くものに頭から突っ込み瞬時にチーズか否かを判断して“チーズ認定印”“チーズじゃない印”を捺印する。
主の結界内ではなかなかチーズを見つけられなかったため、半ば追い立てられるようにして結界の外まで捜索範囲を延ばすこととなったが、首尾よくチーズを発見できたとしても帰り道をちゃんと記憶しているのかはちょっと疑問。
(マギアレコード 魔女・ウワサ一覧より)


ピョートルが登場!
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (363).jpg
↑マギアレコードのレイドボスイベント「神浜チーズパニック!」にて登場。
ピョートルと戦闘をする場面は無いので攻撃方法は見れないが、イベントのマップ上に存在する。


マギレコ版の公式説明文が面白い。
見滝原という場所からやってきたという説明が、マギレコ版の薔薇園の魔女の手下と似ているw
シャルロッテはチーズを生み出せないため、やっぱり結界内にはチーズは無かったようで。
いつまでも発見できないからシャルロッテが怒っちゃったのか?
シャルロッテの性質「執着」により、ピョートルはついに「半ば追い立てられるようにして」結界の外まで捜索範囲を延ばすことにw
そして見つけても帰り道が分からないんかーい!
しかし動くものにスタンプを押していくということは、押される側はとても危険である。
なぜならピョートルのスタンプ押すという行為は体当たりのようなもので、まともにくらえば骨が何本が折れるほどの破壊力らしいからだ!


マギレコの説明文とMADOGATARI展での説明分を比較すると面白い。
比較する点その1、結界内をうろうろしていたが!?
MADOGATARI展・・・ネズミのようななき声を出しながら結界内をうろうろしている。
マギレコ・・・主の結界内ではなかなかチーズを見つけられなかったため、半ば追い立てられるようにして結界の外まで捜索範囲を延ばすこととなった

比較する点その2、スタンプに更に詳しい設定が!?
MADOGATARI展・・・顔はスタンプになっており、チーズではなかったものに見印をつける。
マギレコ・・・その顔面はスタンプとなっていて、チーズか否かを判断して“チーズ認定印”“チーズじゃない印”を捺印する。

比較する点その3、体当たりの対象となる者は!?
MADOGATARI展・・・ゴムまりのように弾みながら体当たりしてくる様子は大変間抜けだが、まともにくらえば骨の一本や二本では済まされない。
マギレコ・・・とりあえず動くものに頭から突っ込む


“チーズ認定印”と“チーズじゃない印”
MADOGATARI展での説明では「チーズではなかったものに見印をつける」とのことだが。
マギレコの説明を見ると「チーズ認定印」というのもあるようで、チーズにも印を押すように思える。
そしてチーズ認定印とチーズじゃない印がどんな印なのか気になるところ。
アーニマのマギレコプレイ日記 - コピー (409).jpg
↑お菓子の魔女を発見した時に表示される◎がスタンプなのかな!?
また、劇場版前編でピョートルが押したと思われる印が確認できるが、あれは「チーズじゃない印」なのだろうか!?
チーズ認定印はおそらく押したことが無さそうなので、どんな印なのか見ることは出来なさそうだ。


では続きに、更にマギレコでのピョートルの活躍を書いていきます。
良かったら続きからどうぞ!
 

☆☆ 百江なぎさイベント第2弾、神浜チーズパニック!にてピョートル登場! ☆☆


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
2018年11月09日| 2018年11月10日 |- ブログトップ